ブログパーツ
Entry Navigation

「ホワイトカラー」シーズン1第14話(最終話)あらすじなど☆

ホワイトカラーシーズン1
シーズン1最終回ですが、ネタバレあります。
お気をつけ下さいませ!

~第14話「運命のオルゴール」 OUT OF THE BOX~

アレックスからオルゴールが、マンハッタンのイタリア領事館の個人金庫にあると聞かされたニール(マット・ボマー)。

アレックス、モジー(ウィリー・ガーソン)とともに領事館で開かれるパーティに入り込み、
盗み出す計画を立てるニールだが、ちょうど部屋にやって来たピーター(ティム・ディケイ)。
ピーターにはオルゴールを盗もうとしてることがやはりばればれ。

足のGPSを外すため、オルゴールを狙っているファウラーと連絡を取る二ール。
一方、ニールの動きを察し、ファウラーについても調べるピーターだったが、
ファウラーにハメられ、エリザベス(ティファニー・ティーセン)が密輸の作品を
お店が取り扱っていると取り調べられることに。
category
「ホワイトカラー」シーズン1第1話~第14話最終回(あらすじ)

「ホワイトカラー」シーズン1第13話感想など☆

ホワイトカラーシーズン1
 ~第13話「外されたGPS」FRONT MAN~

ニール(マット・ボマー)はアレックスに、オルゴールの在りかを教えてくれたら、
盗み出して渡すと約束。
だが彼女は、FBIは信用できないから、明日の夜6時までにアンクレットのGPSを外したら
大切なことを教えてあげてもいいと言って立ち去る。

FBIでは誘拐事件担当のライス捜査官が訪問。
かつてニールが社債券を偽造したアトランティック社のCEOグレスの娘リンジーが、
ニールが昔、手を組もうとしていた男ライアン・ウィルクスに誘拐されたことから、捜査協力を命令される。

だが、ピーター(ティム・ディケイ)はやり手のライスの元で働くニールが心配だった。
ライスには捜査員としての扱いを受けないニールは、
ピーターの優しい対応が懐かしいが、リンジーを助けるためにしょうがない。

category
「ホワイトカラー」シーズン1第1話~第14話最終回(あらすじ)

「ホワイトカラー」シーズン1第12話感想など☆

ホワイトカラーシーズン1
第12話 ライバルの出現 BOTTLENECKED

ニール(マット・ボマー)にまた謎の人物からチェスの動きだけを書いたポストカードが届く。
(定期的にカードが届き、ニールは姿の見えない人物とチェスしてる感じ)

今回は消印がなく、使われていたのは自然史博物館のカード。
今回の駒の動きから、差出人が長年のライバル、マシュー・ケラーだと察したニールは
自然史博物館を調べると、窃盗事件が発生していた。

かつてニールはケラーと偽造不可能と言われたアンティークの
ワインボトルをめぐって賭けをしたことがあった。
ケラーに呼び出されたニールはそのゲームに決着をつけようと挑発される。

オークションに偽装でワインボトルを出品したケラー。
ニールもモジー(ウィリー・ガーソン)と一緒に精巧な偽装ワインボトルを作成し出品。
どちらが偽物か鑑定されることになったが、
何とケラーは本物を出品していた…


今回はモジー活躍してましたよん(・∀・)!!

でもこの次の第13話がもっと大活躍でおもしろかったので、
そちらもぜひご覧くださいね( ̄∀ ̄)♪


category
「ホワイトカラー」シーズン1第1話~第14話最終回(あらすじ)

「ホワイトカラー」シーズン1第11話感想など☆

ホワイトカラーシーズン1
  ~第11話「逃げる女」 HOME INVASION~

ニール(マット・ボマー)は昔なじみの女泥棒アレックス・ハンターと再会。

東欧の骨董専門の彼女に、
探しているオルゴールについて尋ねるが協力できないと断られる。
しかし、アレックスがオルゴールの飾りの一部を大事に隠し持っていることを
知っているニールは強引にお願いする。


その頃、ピーター(ティム・ディケイ)はインサイダー取引の疑いで
株トレーダーのグレイを張り込んでいたが、殺害され現場からピアースという女性が逃亡。

ニールは彼女が現場に残した暗号の解読を始めるが、
そんな彼の元に自宅を改装中のピーターが転がり込む。

category
「ホワイトカラー」シーズン1第1話~第14話最終回(あらすじ)

「ホワイトカラー」シーズン1第10話感想など☆

ホワイトカラーシーズン1
なんと第9話録画失敗で見逃しちゃいました~。。
ではでは先に見た第10話のあらすじどうぞ~~~^^♪

~第10話「致命的な症状」 VITAL SIGNS~

ニール(マット・ボマー)は、間借りしている豪邸の女主人ジューンから
「腎臓が悪い孫娘のサマンサが移植リストから外され、
その直後に慈善団体が腎臓の提供と引き換えに、10万ドルの寄付を求めてきた」
と聞かされる。


違法臓器売買の疑いを持ったニールはピーター(ティム・ディケイ)と捜査のために、
慈善団体が主催するテニス大会に潜入。

団体の女性メリッサに気に入られたピーターが彼女を引き留めてるが、
マッサージなどを要求されもうタジタジ。
ニールはその隙に設立者である医師のパウエルに近づく。

モジー(ウィリー・ガーソン)を患者にして進入に成功したニールは、
パウエルの部屋からピーターに証拠になる書類のファックスを送るが、
パウエルにばれて捕まり薬を打たれてしまう。

助けに向かったピーターは、おかしくなった二ールを助け出す。
薬でおかしくなったニールはおかしいながらも、
「ケイトやモジー、色々な人に出会ったけど、1番信用してるのはあんただ。
どうぜ勝手に進入した様子が防犯カメラに映ってるから、また刑務所に戻るけどさ~あはは」

その言葉にピーターは、ニールが無謀な進入捜査で刑務所行きにならないように、
防犯カメラのビデオをそっと抜き取ってくれたのだった。

                                ~第11話へ続く~


そして、もちろんパウエルも捕まえ、事件は解決しました~^^。
category
「ホワイトカラー」シーズン1第1話~第14話最終回(あらすじ)