ブログパーツ
Entry Navigation

「女の香り」全22話視聴終了☆

「女の香り」全22話、最終回まで視聴終了しました~(>∀<)
やっぱり山場は前半~中盤のお互いが惹かれ合ってるのに、
くっつかないあのモヤモヤ期間ですね( ̄∀ ̄)。

お気に入りのシーンは、
ジウク(イ・ドンウク)を好きなのに「あなたをあきらめる」と言ったヨンジェ(キム・ソナ)。
ジウクはすでにかなりヨンジェが気になっているので釈然とせずモヤモヤします。
そしてヨンジェがいるタンゴ教室に久々に現れたジウク。
2人は情熱的なタンゴを踊り出します。
女の香り9話ヨンジェとのダンスを妄想するジウク女の香り6話ジウクとヨンジェ

もうお互いキスをするかしないかの距離感がず~~~~っと続き、
もぉ~ムラムラ…、いや失礼、モヤモヤしてたまりません。
踊り終わって見つめ合う2人。
ヨンジェの顔に自分の顔を近づけるジウク。
キスするの…か?と思ったその瞬間ジウクが…

 これでも俺をあきらめられるのか?

そう言い残し彼女を置いてさっさとタンゴ教室を出て行きます。
もちろんキスなしで。

   ドンウク~~~~~~~(゜∀゜;)

これであきらめられるわけないだろ!
誰か、誰か~~!!ドンウク連れて来て~o(>д<)o!!!


マジでそこに正座させるわ(;`皿´)!!(え、古くさい?笑)
まあ、この時代は嘘だったかのように、後半はヨンジェにデレデレなんですがね笑っ。
女の香り22話むくれるヨンジェ

他の男と踊るなって言っていたのに、
ウンソク(オム・ギジュン)と踊ったヨンジェにふくれっつらを見せるジウク笑。
韓ドラあるあるの病気ものですが、なかなかいいドラマでした(・∀・)
ドンウク万歳!!笑



category
「女の香り」(感想)

「女の香り」第14話でついにドンウクのあれ出ました☆

「韓流フォンデュ」でいやいややってくれたあれです笑。
1万回はやったからもう飽きたってゆーあ・れが、第14話で登場したんです。

ヨンジェ(キム・ソナ)の家の前で車を止め待っているジウク(イ・ドンウク)。
女の香り14話ヨンジェヨンジェが出てきて手を振ると、ジウクはにっこり。続けてジウクが言います。

「プレゼントがあるんだ」
「何?」
女の香り14話ジウク

「俺だよ」



いやいやいやいや、
金持ちのイケメンは何やっても許されると思ってんのッ(゜д゜;)!?





   ええ、許されますとも(>∀<)!!!!






…終わり笑。
category
「女の香り」(感想)

毎度、申し訳ないですが…

ドンウク~~~~~~~~~(>∀<)!!!!

のっけから叫ばずにはいられません。
カテゴリも最近ドラマの方に入れるべきか、叫びたいとき…の方に入れるべきか
わからず気分で決めています笑。

「女の香り」毎日試聴しているのですが、9話で本部長(ジウク)を演じるイ・ドンウク…
1人、自室でタンゴを踊り始めるんです。
ヨンジェ(キム・ソナ)と踊っている妄想をしながら…
女の香り9話1人でタンゴを踊りだすジウク女の香り9話ヨンジェとのダンスを妄想するジウク

ってやってることは、私と同じ妄想族な恥ずかしい変態行動なのに

 めっちゃかっこよすぎ~(゜∀゜;ノ)ノ!!!!笑

あ~、ドンウクに会いたい
何かいい方法ないですかね?
タンゴ習ったら、ヨンジェを追いかけたときみたいにタンゴを習いに来てくれるとか??
そんなんなら…

タンゴ始めるっちゅーねん!!!!q(゜д゜;)ウラウラ

まだ、ドンくんにもジュファンくんにも会ってないのでこれからが大変です。。
はぁ~~~~~~。。。


category
「女の香り」(感想)

「女の香り」試聴開始☆イ・ドンウクにキム・ソナ姉☆☆

「女の香り」試聴開始しました(゜∀゜)☆
ただ今、第3話まで視聴終了!!

 ~簡単なあらすじ~

ツアー会社で雑用として扱われながらも働くぱっとしないヨンジェ(キム・ソナ)は、
幼いころの友人で医者であるウンソク(オム・ギジュン)に余命宣告される。

ヨンジェのツアー会社会長の息子であるため、本部長に就任したジウク(イ・ドンウク)。
さらに彼と政略結婚が決まっているセギョン(ソ・ヒョリム)だが、
もちろんそこに愛があるわけでもない。

全く縁のなさそうなヨンジェとジウクだが、
仕事で沖縄に来ていたジウクと、今までのぱっとしない姿から変身し
気分転換で旅行に来ていたヨンジェはひょんなことで出会う…


う~ん、正直まだ3話なので全然わからない。。。
おもしろいも何もない前段階ですね笑。

でもキム・ソナ姉とイ・ドンウクが主演ですから期待せずにはいられない(>∀<)!!
イ・ドンウクssi大好きなんですよね~(*^^*)!!!
女の香り3話ジウク女の香り3話ヨンジェでも未だに「韓流フォンデュ」のトラウマが…
もちろんあれくらいでは嫌いにはなりませんがね笑。
でもちょっと残念だった…詳しくはココで!→「韓流フォンデュ」イ・ドンウク登場篇☆



category
「女の香り」(感想)