ブログパーツ
Entry Navigation

DVD「グーグーだって猫である」感想など☆小泉今日子と加瀬亮☆☆

勝手に評価→☆☆☆★(3.5/5) 雰囲気がグッド♪
 
 加瀬亮がなんかかっこいいわあ笑。言うほど出てこないかもだけど…

         

大島弓子さんのマンガが原作です。
9月にはBD発売予定♪もしよければ高画質でご覧ください★

  ~あらすじ~

吉祥寺に住む天才漫画家の小島麻子(こじまあさこ/小泉今日子)。
徹夜で漫画を描き上げた翌朝、長年連れ添った愛猫のサバが亡くなる。

サバを失った悲しみは大きく、麻子は漫画を描けなくなってしまい、
ナオミ(上野樹里)たちアシスタントもかなり心配する。
しかしそんなある日、麻子はペットショップで1匹の小さな子猫と出会う。
麻子はその猫を連れ帰り、グーグーと名づけこれをきっかけに状況が好転。
グーグーはアシスタントたちにも可愛がられ、麻子にも元気な笑顔が戻ってくる。

麻子がグーグー避妊手術に連れて行く途中でグーグーが逃げ出してしまう。
必死で探す麻子の前に、
木の上からグーグーを連れて現れたのは沢村青自(さわむらせいじ/加瀬亮)。
彼の姿に思わず見とれてしまった麻子は、何だか忘れかけていた不思議な気持ちに。
後日、ナオミの彼氏マモル(林直次郎)のライブに
アシスタントたちと出かけた麻子は、そこで青自と再会するのだが…


category
「グーグーだって猫である」(感想)