ブログパーツ
Entry Navigation

韓国映画「私たちの幸福な時間」感想など☆カン・ドンウォン&イ・ナヨン☆☆

勝手に評価→☆☆☆☆☆(5/5) 主役2人の温かな世界に星5つ。

カン・ドンウォンの今まで見た作品の中で一番好きです(*^^*)。

     イ・ナヨン

お初のイ・ナヨンが大好きになりました。ちょっと柴咲コウちゃんに似てませんか?
とにかくこの映画で彼女を知り、一気に大好きな女優トップ3に食い込んできました!!

そのうち、大好きな韓国男優に続き、
大好きな韓国女優トップ10もしなくてはいけませんね(^皿^)!!
でも10人はいないかも。。。



※少し詳しいあらすじにしたので、ネタバレあります

   ~あらすじ~

3度目の自殺未遂を起こしたユジョン(イ・ナヨン)は、
自殺未遂後も母親に冷たくあしらわれている。

心配でやって来てくれたシスターの伯母。
ある日彼女に連れられ刑務所へとやって来る。
昔、歌手をしていたユジョンの歌を聴きたがっている男がいるというのだ。

刑務所の面会部屋にいた男。
彼は伯母のどんな優しい言葉にも耳を傾けようとはせず、
ユジョンは不快な印象を受ける。

その男の名は、ユンス(カン・ドンウォン)。
ユンスの胸には死刑囚の印があった。
死刑囚は死刑執行が告げられるその日まで、死の恐怖に怯える生活が続く―



category
「私たちの幸せな時間」(感想)