ブログパーツ
Entry Navigation

日本テレビ「Q10」第9話・最終回(12/11放送分)あらすじなど☆


   ~第9話(最終回)あらすじ~


Q10(前田敦子)のリセットボタンを押してしまった平太(佐藤健)。
Q10に会いたくて会いたくてたまらない。

しかし、町を歩いているとサンタの格好をしたQ10と
トナカイの格好をした中尾(細田よしひこ)に出会う。
Q10は記憶を無くしてなどいなかったのだ!
喜ぶ平太。

それは柳教授(薬師丸ひろ子)の見事な作戦のおかげだった。
柳教授は、月子(福田麻由子)が平太にリセットボタンを
押させようとしていることがわかっていた。

だから、リセットボタンを月子に気づかれないようはずし、
平太がリセットボタンを押したときはリセットされたふりをして
どこかへ逃げてくれとQ10にお願いしていたと言うのである。

しかし、月子はリセットボタンを押してもらわなければいけないと言う。
ボタンを押さなければ、2つの文明がなくなり、1つの言語が消滅し
560万人の命が消えると言うのだ。

それを知った平太は悩む。
Q10は平太に言う。
平太の心がざわざわしてる。だから、リセットボタンを押してくれと。

悩んだ平太だったが、Q10を愛する平太は、
彼女を作ってくれた、彼女に出会えたこの世界を愛している。
だから、リセットボタンを押すことに決めた。

Q10はクラスのみんなにお別れのあいさつをした。
皆は、ただの帰りのあいさつだと思い「ばいばい、
また明日~」といつもどおりの返事。
そして平太は、リセットボタンを押した―

Q10は本当にいなくなってしまった。
しかし河原で、月子に未来の妻と自分が笑いながらデートしていたころに
タイムスリップさせてくれる。
妻の外見は、そのままQ10に利用したのでそっくり。

そして、現実に戻るとピアニカの音が河原に響き、それと同時に月子は去って行く。

ごめんなさい、うるさかったですか?
とピアニカを持った、後の妻(外見はQ10)が近づいてきた。

いえ、なつかしい音ですよね、と平太。

それが、平太と妻の出会いだった…

 
                                         ~完~


終わり方は予想通りでしたね~★

でもたまたま一緒に見ていただんなが、
ちょっと話が矛盾だらけでしっくりこんかったばってん~。。

と、不満そうでした。
まあ、確かにそういう部分は多々あったけど笑、
9話で終らせなきゃいけないしそんなもんですよねf(^^;)。

健クンは役に合ってたし、視聴率悪いけど笑
あたしはそれなりに満足でした~♪

個人的には中尾くん役、細田よしひこクンの演技のオタクッぷり
もわりと好きでしたよ。


   てか、細田クンけっこうつぼでした(^皿^)v!!

category
「Q10」第5話~第9話最終回(あらすじ)

日本テレビ「Q10」第8話(12/4放送分)あらすじなど☆

   ~第8話あらすじ~


「Q10(前田敦子)、回収することに決まったから」
そう告げる月子(福田麻由子)に平太(佐藤健)は動揺する。

一体、Q10は何のためにここに来たのかと、月子に尋ねる平太。

「全部話したら私のお願い聞いてくれる?」
秘密を教えるかわりに、平太にやって欲しいことがあるというのだ。

Q10の秘密を知るために、平太はQ10を連れて月子に会いに行く。
そして平太は真実を知る。

月子は未来からやって来て、
Q10は70年後の未来の平太の奥さんが、
時空を越えて送ってよこしたものだった。

平太の奥さんは、もうすぐ亡くなる運命。
その前に、自分が出会う前の18歳の平太がどんな風に過ごしていたのか
を知りたかったというのだ。

そのころ、中尾(細田よしひこ)は
月子からもらったカプセルの中身を開けてしまう。

そこには見たこともないような機械が入っていた。
屋上で月子と中尾が対峙したとき、時間が逆戻りしたことを思い出した。

秘密を教えた変わりにQ10をリセットするように言われた平太。
平太を助けるためやって来た柳は、時空を越える地球のカプセルを奪う。

月子にどこかへ違う時間へ飛ばされた柳を救うため、Q10をリセットする。


Q10も月子もいなくなり、何事もなかったかのような日常が始まる。

そんなとき平太は、歩道橋の上で泣いているQ10を見つけて追いかける。
あれはQ10だったのか、それとも…。


                                         ~第9話(最終回)へ続く~



今回はちゃんと見れなかったので、あらすじおかしいかも…。
すみません汗。。


最終回を目前に話がぐっと進みましたね~(>∀<)笑。

もっと早めに月子をがんがん絡ませたり、
Q10の謎めいた部分を押し出せばよかったのかも?(・・)

たぶん、同級生をピックアップしていったから仕方ないけど、
もっとうまく持って行けば、さらに面白くなったような気がします(^ー^)☆

なんて、またえらそーなこと言ってみた笑。

category
「Q10」第5話~第9話最終回(あらすじ)

日本テレビ「Q10」第7話(11/27放送分)あらすじなど☆

   ~第7話あらすじ~


「Q10(前田敦子)あなたのものじゃない。私たちのものだからね」
と月子(福田麻由子)に言われた平太(佐藤健)。
月子は何かを知っている。

毎日学校へ来るようになった月子。
Q10を月子に奪われることを怖れた平太は、
Q10を連れて2人で遠くの町へ逃げ出した。

遠くの町へやって来た2人だったが、
なんとQ10は充電器を持ってくるのを忘れて、停止状態に。

仕方なく、海辺で2人座る。
Q10をどこかへ隠なさければ、と思う平太。
使われていない船の上にQ10を隠し、その場を去る。

そのころ、2人がいる町に月子も訪れており、彼女の元に1本の電話が。
それはQ10の回収が決まったというもの。

月子は充電器を取り出し、Q10を充電する。

しばらくして、平太の前にQ10が現れ喜ぶ平太だった…。


                                           ~第8話へ続く~




視聴率があまりよくないらしいですね~f(^^;)。。
でも、健クンは本当に役に合ってる。

「ブラッディ・マンデイ」みたいに少し謎がある少年なんかもよかったしね。

次はすんげー冷たい悪魔みたいな役とかやってみる?

少年さとか、無邪気さとは無縁のやつ…ね(^ー^)b。

category
「Q10」第5話~第9話最終回(あらすじ)

日本テレビ「Q10」第6話(11/20夜放送分)あらすじなど☆

  
  ~第6話あらすじ~


「人間の命より、Q10(前田敦子)が大事だ」
Q10への想いをはっきりと自覚した平太(佐藤健)。

ある日平太に月子(福田麻由子)は、これ使ってみたら?と
小さなチップを渡す。
Q10にかざすと、深井クンの望みがかなうよ、と言って。

しばらく悩んだ後で、平太はおそるおそるチップをかざすと、
Q10が普通の人間のように動き出す。
そして、キスしようよ、と平太を誘惑しだし動揺する。
しかし、そのときなぜかQ10の動きが止まる。

する月子がやって来て言うのだ。
電力をかなり消費するから、電池が切れただけ…と。
そしてさらに大量のチップを平太に渡す。

私のことを誰かに話したら、Q10を深井クンから奪うから。
そう行って去って行った。

いっぽう入院中の久保(池松壮亮)は、
病院に顔を出すようになった民子(蓮佛美沙子)を意識し始める。

久保は平太に初めて
死ぬのが、怖い――死ぬのが、ものすごく怖い、と言い出す。
もし大切な人が急にいなくなってしまったら、
自分はどうなってしまうんだろう…。

久保の気持ちを知った平太は民子に久保の気持ちを伝える。
民子は久保に会いに行き、
あたしはしぶといから大丈夫。突然いなくなったりしない。
と心からの気持ちを伝えるのだった。

そのころ藤丘(柄本時生)が、家庭の事情で学校を辞めることに。
みんなは何も聞かされておらず、別れの言葉も言えなかった。

迷っていたが、Q10の後押しがあって、みんなで藤岡の家まで
行き歌を歌って気持ちを伝えた。
警察を呼ばれたり、騒ぎにはなったが別れを言えたし、藤岡も喜んでくれた。

平太は迷っていたが、チップをすべて月子に返す。
そのままのQ10が好きな平太は、土手で虹を見上げながら
2人ではにかみな表情を作りキスをした―


                                           ~第7話へ続く~



月子いいねえ。
福田麻由子チャンの独特な雰囲気はどこから来るのかね?笑
子役時代からがんばってるせいかな~、なんか好き☆

健クンは相変わらずかわいいね。
このまままっすぐ突き進んでほしい…役だけどさ笑。


ではではみなさん、
       いつも言っていますが同郷の連佛美紗子チャンの応援も忘れずに!!←自分もな笑

                   ばっはは~~~~~~~~~~~~~~い★


category
「Q10」第5話~第9話最終回(あらすじ)

日本テレビ「Q10」第5話(11/13放送分)あらすじなど☆

  ~第5話あらすじ(ネタバレあり)~


ついに中尾(細田よしひこ)に、Q10(前田敦子)の正体がロボットだとバレてしまった。
中尾は平太(佐藤健)に「秘密を守る代わりに、Q10をオレにくれない?」と言い出す。

平太は岸本(小野武彦)と柳(薬師丸ひろ子)、小川(田中裕二)に相談するが、
彼らは意外にもあっさりと「すべてが丸く収まるなら、Q10をリセットして中尾に渡すか」と言い出す。

そんなことをしたら、いままで平太がQ10に教えたことも、
二人で過ごした時間も全て消えてしまう。

しかしどうすることもできなかった平太はQ10を中尾に渡すことに…

苦しむ平太の様子を見て柳は、したいようにすればいいと言う。
平太は、そんなこと言っても先生たちが言ったとおりにした、と反抗。

柳は、自分は教師としての立場で言っただけ。あなたは自分の立ち位置を見つければいいと。

その言葉でふっ切れた平太は、Q10は渡さない!と中尾から無理やり取り戻す。

中尾は、Q10がロボットなことをばらすと脅すが、
ばらしたいならばらせばいい!!と強く言う平太。

それでもあきらめきれない中尾は、ある日学校の屋上でもう一度、
平太にQ10をくれと懇願する。

平太は、Q10は物じゃない。物としか考えてないやつには渡せないと言うが、
中尾は、物だ!と叫び、屋上の端っこへ。
そして、Q10か俺かどちらを選べ!物か人間かどっちかを選ぶんだ!!と。

しばらく悩む平太だが、Q10を選ぶ、と答える。

驚く中尾のもとに駆け寄り、彼を助けるが代わりに自分が屋上から落ちてしまう。

平太の危険を察知したQ10は、すでに下で待機しており、平太を両手で受け止める。
驚く平太。

その顔を見たQ10は、
もう一度屋上に投げ返すので、中尾君受け取ってください、と言う。

動揺する平太。
中尾も屋上から乗り出し、投げ返さなくていい、そのまま抱いていてくれ、と。

Q10やめてくれ、と言う平太に
「冗談です」と、にっこり微笑むQ10。

感情のないはずのQ10の満面の笑みを見てしまった平太は、一体何を思ったか…



                                        ~第6話へ続く~


※実際は、月子(福田麻由子)が少し話に絡んでくるのですが、
 長さの都合上、今回は割愛させていただきました…。



このドラマは最初の方から見てるけど、何がいいって


              佐藤健クンがいい!!


健クンって「メイちゃんの執事」といい、こういう高校生役とかさせたらピカイチだと思う。

って思うのはあたしだけでしょうか??笑


一途でまっすぐな感じ、感情に嘘つけない感じがたまらんよね(*^^*)☆
まあ、実際はどんな男の子か知りませんけれども笑。

健クン見たさに来週も見ると思います(>∀<)!!
内容自体も気になりますがね。


そうそう!

赤髪ロッカーの民子役、連佛美沙子ちゃんがレアな場所で同郷なので
みなさん応援してやってくださいね~(^∀^)☆


category
「Q10」第5話~第9話最終回(あらすじ)