ブログパーツ
Entry Navigation

TBS「それでも町は廻ってる」第12話最終回(12/23深夜放送分)あらすじなど☆

   
   ~第12話最終回「それ町」あらすじ~


歩鳥(小見川千明)はおじからもらった高級な万年筆を、
端を切り、活気的な発明だと言ってくだらない改造をしてしまう。

だがそれはすでにもっといい発明がある上、
伯父から電話があり、夏休みにインクの交換をしてあげるから持っておいでと言われる。

ピンチな歩鳥。
考えた結果、ミステリー小説に応募して賞をとった大金で万年筆を買い換えるというもの。

しかし、1次選考で不合格の書類が届き、ショックのあまり道路につっぷしてしまう。
そこで車にひかれる歩鳥。
気がつくと横たわる自分が見える。
そう、歩鳥は死んでしまったのだった。

死後の世界で、新人の案内人のおじさんに案内してもらう歩鳥。
心霊写真の作り方を教えてもらったり、下界の見かたを教えてもらう。

下界では意外にも、亡くなった歩鳥の死を悲しむものばかり。

兄弟は泣き、たっつんたちもショックを隠しきれない。

商店街の近所の人たち、数学の先生、ばあちゃん、両親みなが傷ついている。

真田(入野自由)は、
何でだよ、何でなんだよ嵐山!!オレ、まだ何も言ってないのによぉ~!
まだ、好きって言ってないのによ~~~~~~!!

そんなみんなの様子を見て歩鳥は、

もっとみんなと一緒にいたかった。
もっと生きていたかったよ~!!と泣きだす。

しかし、歩鳥は脳が助かり、体も無事なので
希望すれば下界へ戻れることになった。
戻れば、こちらの記憶はなくなる。

歩鳥が起きると病院。
紺先輩(矢澤エリカ)がお見舞いにきて泣いて喜んでくれたのであった

                                                ~完~


真田の気持ちは結局伝わらずじまい…
原作では一体どうなってるのか気になるけど……買う気にもなれない笑

次からはこの枠でどんなアニメが始まるのかしら?
楽しみ楽しみ(・∀・)☆


category
「それでも町は廻ってる」第6話~第12話最終回(あらすじ)

TBS「それでも町は廻ってる」第11話(12/16深夜放送)あらしじなど☆

   
   ~第11話「紺先輩号泣の夏」~

(前半)

歩鳥(小見川千明)の父親がジョセフィーヌ(飼い犬)を連れて町を散歩している。
顔は見えないようになっているが、若く見える。
語りも父親。

歩鳥はジョセフィーヌを散歩していると、紺先輩(矢澤エリカ)と春江に出会う。
そして、狸が狸を散歩していると笑われる。

ある日、ジョセフィーヌが出て行く夢を見た歩鳥。
外に出るとやはりいない。
大雨の中、騒いで探す歩鳥だったが、
家の中に非難させてもらっていたジョセフィーヌだった…


(後半)

真夏に勝手に紺先輩の家に入り、入浴し、クーラーをつけて設定温度も下げ、
浮き輪に空気を入れて、ベッドでぐっすり眠り歩鳥。。

帰ってきた紺先輩は怒ったものの、夕食を作ってくれる。
1人暮らしで手馴れているようだ。
明日は2人で海水浴♪

海水浴の日、シーサイドではたっつんが真田(入野自由)の
来店を待ち望んでいる。
やってきた真田に、歩鳥は?と尋ねられ、
海だって、2人きりで、と答えるたっつん。

男と2人だと思いショックを受ける真田。

真田心の声:(海?2人きり!?何てことだ。俺がぐずぐずしていたばかりに
      嵐山が他の男と2人きりで海に…。こんなことならダメもとで
      早く告白すれば、振られたら振られたで諦めもついたかもしれないのに
      出遅れただけで敗北したとしたら…)

たっつん心の声:(さあ、今よ。思い切って真田クンを誘うの。
        う・み・に・い・か・な・い?
        ?マークを入れても8文字…)

たっつん:ね、ねえ真田クン。もしよかったらだけど、う、海…海に
     海にイカって泳いでるよね。

マスターウキの心の声:(ここぞってときに弱いのう)

真田心の声:(海がなんだ!海なんて心の涙で曇らせてやる!!)

たっつん心の声:(海が何よ!私の思い出荒れ狂うがいいわ!!)


2人の願いどおり、嵐がやってくる。
海では歩鳥の買ったばかりのビキニのブラが流され、
泳ぐどころか命さえ危ない状況になるのであった…。




真田もたっつんも報われないね笑。
両方がんばれ(^∀^)☆

2人とも好きだから、2人とも上手くいかないってことでちょうどいいかな(^皿^)♪

category
「それでも町は廻ってる」第6話~第12話最終回(あらすじ)

TBS「それでも町は廻ってる」第10話(12/9深夜放送分)あらすじなど☆

こんばんは☆(おはようかな!?)
夜更かしすいみーです(^^)。

ブログ更新しながら寝ちゃったけど、
せっかく目覚めたので1つ2つは日記書いてから寝たいと思いま~す(-∀-)v!!



   ~第10話「穴ツッコミじいさん」あらすじ~


(前半)

真田(入野自由)が神社の賽銭箱にお金を投げ入れ願い事。
(歩鳥とうまくいきますように☆って内容をめっっちゃ長く祈ってる笑)

今朝のテレビのニュースで空き地に大きな穴が出現したと放送される。
元気のない歩鳥(小見川千明)。

学校の屋上で紺先輩(矢澤エリカ)と話すもやはり元気がない。
紺先輩に理由を尋ねられ、答える歩鳥。

なんとあの穴は歩鳥が作ったというのだ。
何か近未来的な鉄砲のようなものが落ちていて、
拾って撃ったらそうなったと。

その後には宇宙人らしいものが2体現れ、闘争が始まり1体は負けて死に、
勝った方は歩鳥から鉄砲のを回収して去って行ったと。
言っても信じてもらえないだろうけど…。と歩鳥。

しかし、紺先輩は信じる。
実は先輩自身も変な近未来的道具を広い、
それは何でももとの姿に戻せるという能力があった。

2人は一緒に空き地に向かい、穴を修繕してめでたしめでたし…
ではなく、死んだ宇宙人も生き返らせてしまったようだ……(おしまい♪)


(後半)
10年前に死んだはずのじいさん善治は、
なぜか天使に連れて行かれることなく前世にとどまっていた。

そして、商店街など町を歩いて廻るのが日課。
善治の写真を見て、話しかけながら拝むウキ(櫻井孝弘)。
そう、じいさんはウキのだんな様だったのだ。

最後にまた真田が神社でお願い事をしている。

どうかこの夏は嵐山といい関係になれますように。
いやいい関係といっても不純なことを望んでいるわけではなく、
いや望んでいるいないかというと、イヤとか拒んでるわけじゃなくて…
自然の流れというか、成り行きならそれもありかなと…
(冒頭と同じように、この内容をだらだらと笑)

思わず、神様も大変じゃのう、とつぶやく善治であった。




前半に宇宙人まがいなもの出てきた!!笑
SFもありッ!?

この漫画ってどちらかというと、普通っぽさがうりかと思ったから
ちょっとびっくりしました、しかも宇宙人生き返ったし(゜∀゜)♪笑

真田は毎回不憫ですな~笑。

category
「それでも町は廻ってる」第6話~第12話最終回(あらすじ)

TBS「それでも町は廻ってる」第9話(12/2深夜放送分)あらすじなど☆

  ~第9話「激突!大人買い計画」あらすじ~


(前半)
高校の体育の授業。

真田(入野自由)がバスケで活躍する姿を、
たっつん(悠木 碧)が見とれている。
どうやら真田は勉強だけでなく、スポーツも得意なよう。

一方、女子は跳び箱の試験後に卓球。
歩鳥(小見川千明)は、跳び箱もできなければ卓球も下手くそ。
典型的な運動音痴なようである。

歩鳥とたっつんが一緒に卓球をしているが、
中学校で卓球のエースだったたっつんには、
目をつぶっていても相手ができそうだくらい…。

そこに、春江(白石涼子)がやってきて久しぶりに勝負しようと言うのだ。
実は2人は同じ中学出身で、2人ともがエースだった。
何と紺先輩(矢澤エリカ)も…。

勝負はレベルが高く、あまりに次元が違いすぎる。
たまたま、真田がこちらを見ているのがわかったたっつんは
さらにがんばっていいところを見せようとする。
(結果は現役の春江が勝ったんだけどね)

しかし、実は真田が見ていたのは、たっつんの揺れる巨乳であった…。
ちゃんちゃん♪


(後半)
静香(雪野五月)は、
店に1枚だけ残っていた「ベちこ焼き」なるお菓子にはまってしまう。
見た目は青や赤や緑の蛍光色をしており、気持ち悪いのに味は絶品!

もっと食べたくて、このお店に電話するがつながらないし、
住所もでたらめであった。

気になってしょうがない静香は、べちこ焼きを求めてバイクで飛び出す。



真田って勉強だけじゃなくて、スポーツもできるんだね!
それにびっくりした(゜∀゜)!!

       また、いっそう真田が好きになったすいみーでした(*^ー^*)★

category
「それでも町は廻ってる」第6話~第12話最終回(あらすじ)

TBS「それでも町は廻ってる」第8話(11/25深夜放送分)あらすじなど☆

   ~第8話「全自動楽団」あらすじ~


(前半)
歩鳥(小見川千明)と、たっつん(悠木 碧)、
紺先輩(矢澤エリカ)は突然の雨にうたれ
コインランドリーの前で雨宿りをしている。

びしょびしょになってしまった3人。
コインランドリーで制服を乾かそうと歩鳥が提案するが、
洗濯している間は全裸なので、もちろん、たっつんは大反対。

しかし、そんなたっつんのせいで一行はさらにびしょびしょに。
中で乾かすことになったが、真っ裸なので誰か来ないかを常に警戒。

なんとか無事に乾燥まで終ったが、雨は止まず。
自動販売機の品物を物色して時間つぶし。
意外にうどんが美味しかったり、
うどんの作り方を見るのがおもしろかったり、みんなで大興奮!

後日、どうしてもコインランドリーのうどんが食べたくなった歩鳥は、
うどんを食べるために出かけると、そこで偶然、紺先輩もうどんをほおばっていたのだった…


(後半)
喫茶シーサイドで、たっつんが真田(入野自由)にビンの蓋を開けてもらう。
とても幸せなたっつんは、
固い蓋のビンを再び探し始める。(ホントに真田が好きなんだなあ笑)

文化祭でバンドを組みたい紺先輩は、歩鳥とたっつんに声をかける。
ボーカルとベースは自分が担当で、ドラムも心当たりがいるから、
ギターとキーボードとかできない?
それっぽいものならできる、と2人は返答。

なんと歩鳥の楽器はアコーディオンで、たっつんの楽器はヴァイオリンだった…。
それでも練習を積んだ4人は、文化祭のおおとりで大いに盛り上げた。

ロックバンド「メイズ」の始まりのようである。




真田は歩鳥が好き。たっつんは真田が好き。

歩鳥も誰か好きになったりしますか?
原作読んだことないからわからないんだよね…。

今のところ歩鳥は、妹弟思いのお姉ちゃんって感じですが♪

それにしても、たっつんはホント真田のことが大好きね☆
見ていてがんばれって思います(*^^*)。

だけど、真田も歩鳥好きになって長いみたいだしこっちも応援したくなる~o(>▽<)o。

もうなるようになれだな笑。

ではでは今後も、


         サナダ記念日期待してま~っす(^ー^)b!!


category
「それでも町は廻ってる」第6話~第12話最終回(あらすじ)