ブログパーツ
Entry Navigation

BD「タイタニック」感想など☆

勝手に評価→☆☆☆☆☆(5/5) 久しぶりに見たらやっぱりよかった!

 若いから感動できたのかな…な~んて思ったけどやっぱり名作(゜∀゜)!!

     

あまりに有名なのであらすじは省きます^^。

15年ほど前の作品ですが、BDでの発売開始。3D版も出ています。
BDで視聴しましたが、昔映画館で見たことを思い出しました。
セリーヌのイントロとタイタニックの映像見ただけで、泣きそうに…(T_T)。

でも感情にほだされて見たわけではなく笑、真剣に見ましたよ。
それでもやっぱりよかった。

悲劇の恋愛だけじゃない点がいいよね。
(個人的には三等客室のダンスパーティーのシーン好きなんですがね)

タイタニックが沈み始めてから沈み終わるまでの乗客の様子、
ローズ(ケイト・ウィンスレット)とジャック(レオナルド・ディカプリオ)の逃走…
アクションっぽいところもスリリングなところもたくさんあって退屈しない。

久しぶりに見て忘れてたけど、ローズのフィアンセマジで最悪だよね怒。
思い出さない方がよかった笑。
しかしあの腹立たしい気持ち悪い演技は俳優さんの賜物ですよね♪


category
「ブラッド・ダイヤモンド」レオナルド・ディカプリオ関係

BD「マイ・ルーム」感想など☆

勝手に評価→☆☆☆☆★(4.5/5) 家族愛とは…

 ダイアン・キートンってすばらしい!!

     

   ~あらすじ~

実家から遠く離れて暮らしていたリー(メリル・ストリープ)。
しかし、その姉のベッシー(ダイアン・キートン)は、
寝たきりの上に痴呆症の父親と叔母の面倒を診るため、
結婚もせず実家に住み続けていた。

そんなある日、リーは二人の息子を連れて、20年ぶりに実家へ帰る。
ベッシーが白血病にかかっていることを知り、骨髄移植の検査を受けるためだった。
重病に冒されながらも献身的なベッシーの姿を見て、
自己中心的だった自分の生き方について振り返るリー。

リーの長男のハンク(レオナルド・ディカプリオ)も、
父親の死後、家を焼失させて精神病の施設に預けられていたが、
明るく介護を続けるベッシーの姿に、心を開き始める。
だが、ベッシーの病状は悪化していた…。


category
「ブラッド・ダイヤモンド」レオナルド・ディカプリオ関係

BD「ディパーテッド」感想など☆

勝手に評価→☆☆☆☆☆ 採点甘いかな?って最近不安…笑。10段階評価がいいのかしら?

   リメイクらしいですが、おもしろいですよ~。レッツギャング!




レオナルド・ディカプリオとマット・デイモン出演のギャング映画です。




  ~あらすじ~

犯罪者ばかりの家族に囲まれて育ったが、
警察官になる決心を固めたビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)。

ボストン南部一帯を牛耳るマフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)に育てられ、
“内通者”として警察に送り込まれたコリン・サリバン(マット・デイモン)。

2人は好成績で警察学校を卒業。
ビリーは警察のスパイとしてコリンの手下になり、コリンはコステロのスパイとして
警察の情報を逐一報告する。

そんな2人は自分の立場に翻弄されながら生活し…




ディカプリオは「タイタニック」で有名になって、私もその作品で初めて知りました。

経験を積んだおかげなのか、
その後の映画の方がめっちゃいい演技してるって思うのは私だけ?笑

「タイタニック」はおもしろかったし泣いたんだけど(私すぐ泣きます笑)、
その後の出演映画の方が演技は好き~(^皿^)!!

これもその1つで悩める表情や殴りまくる演技は最高ッ!!


category
「ブラッド・ダイヤモンド」レオナルド・ディカプリオ関係

フジテレビ・ミッドナイトアートシアター「ブラッド・ダイヤモンド」(10/28深夜放送分)あらすじなど☆

勝手に評価→☆☆☆☆(4/5)5に近い☆4つ!

   題材がいいし、おもしろいですよ~。

  ~「ブラッド・ダイヤモンド」あらすじなど~

1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派アクション映画。
“ブラッド・ダイヤモンド”というダイヤモンドの不正な取引をめぐって起きる
不毛な争いをサスペンスフルに描く。(シネマトゥデイから引用)



内戦が続くアフリカ。

反政府軍RUFが集落を襲撃し、ソロモン(ジャイモン・フンスー)は妻子と生き別れてしまう。
ダイヤモンドの採掘場に送られた彼は、巨大なピンク・ダイヤモンドの原石を見つけ、
トイレに行くふりなどをしつつ、どうにか隠すことに成功。

しかし、それを見つけたRUFのポイゾン。
ちょうどそのとき政府軍の攻撃が開始し、2人は留置所へ。
そこで2人のやり取りを見、ダイヤの密輸で逮捕されていたアーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、
そのピンクダイヤを手に入れて、アフリカを脱出しようと決心する。

その途中で、紛争ダイヤの密輸の実態を追うジャーナリスト、ボーエン(ジェニファー・コネリー)
の協力を得たアーチャーは、ソロモンとともに採掘場を目指すが、
危険と隣り合わせであるにもかかわらずソロモンの絶え間ない家族への愛情、アフリカの悲惨な現実、
少年兵や麻薬漬けの彼らを目の当たりにして心が揺れる。



      ブラッド・ダイヤモンド(小)


テレビでやっていたので、録画して視聴。
特に期待していなかったせいかもしれないけど、思った以上におもしろかったです(^∀^)。




ディカプリオっていったら、あたしたちの世代だと完全に「タイタニック」ですが笑、
これは4年位前の映画かな?

4年位前のディカプリオって演技も含め、すげーかっこいい。
なんか年取って深みがでたのかな?←めっちゃえらそう笑

「タイタニック」もそれはそれでかっこよかったけど、
コレ見ていっそうファンになりました(*^^*)★


category
「ブラッド・ダイヤモンド」レオナルド・ディカプリオ関係