FC2ブログ
ブログパーツ
Entry Navigation

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」全16話視聴終了!!

だいぶ前に見終わったので今さらなんですけどね笑。
4月に視聴開始して、一瞬で見終わりました。

だってすごくおもしろかったものですから。
未視聴な方で、ファンタジーが大丈夫な方には




大変おすすめなドラマです!!




   


   ~あらすじ~

高麗時代の英雄だったキム・シン(コン・ユ)は、
若き王ワン・ヨの嫉妬から逆賊として殺されてしまう。

その後、神の力によって不滅の命を与えられ、
永遠に生き続けるトッケビ(鬼のようなもの)に
なってしまったシン。

ただ1つ、彼の命に終わりを遂げさせることができるのは、
<トッケビの花嫁>と呼ばれる存在に胸に刺さった剣を抜いてもらうこと。
シンは900年以上<トッケビの花嫁>を探し続けていた。

ある日、シンは女子高生ウンタク(キム・ゴウン)と出会う。
ウンタクは小さいころから幽霊が見える不思議な力を持っていた。

シンの家臣の子孫であるユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)が、
シンの家を死神(イ・ドンウク)に貸し出したせいで、
シンと死神との奇妙な同居生活がスタートする。

親戚から追い出されて行く所のないウンタクが、
シンの家に居座ることになるのだったが―
category
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(感想)

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」視聴開始!!

このドラマが放送直後は、かなり話題でしたよね。
誰もがおもしろいと言っていました。

ということで、私はやっと今視聴開始~笑。


   


category
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(感想)

「青い海の伝説」全22話視聴終了☆

「青い海の伝説」全22話視聴終了しました(*・∀・*)!!

人魚が地上にやって来るお話なので、
ファンタジー好きな人にはオススメです!
(逆にファンタジーダメな人は苦手かもですね…)



   



※ネタバレあり

   ~あらすじ~

1598年8月、江原道。
新任県令に任命されたタムリョンは、
ヤン氏の旅館を訪れた際、生け捕りにされた美しい人魚と出会う。

彼女に会った瞬間何か懐かしいものを感じたタムリョンは、
ヤン氏の罪を口実に人魚を海へ逃がす。

それから時は流れて現代。
ジュンジェは詐欺師として生きていたが、ソウルである詐欺を働いたため
しばらくスペインに滞在していた。

そこでひょんなことから女性(人魚。チョン・ジヒョン)に出会う。
彼女が持っていたヒスイの腕輪が高く売れるとわかると優しくして腕輪を盗み、
女性をデパートに置き去りにして一人で帰ってしまうが―
category
「青い海の伝説」(感想)

久々のキム・ボム!(めっちゃかっこいい笑)

みなさん、こんばんは(*´∀`*)!

日本ドラマは「中学聖日記」と「けもなれ」を見ているのですが、
韓ドラで何かもう1本みたいなあと悩んでいる今日このごろ。
ユチョンのドラマも見終わったしね。

そんなときに発見したのが、キム・ボム主演のドラマ「身分を隠せ」。
2016年の作品で、3年ぶりのドラマ出演らしいです。
もしかしてジョンイ以来なのかな?

内容的には見なくてもいいかなあと思ったのですが、
ドラマでキム・ボムを見るとか久しぶりで…
しかも見てびっくり、めっちゃかっこいい!!



身分を隠せ2話ゴヌ



ジョンイのときもほんとかっこよかったもんなあ…
今の今まで忘れてたけど笑。
元々かっこいいのに、このドラマのために体を絞ったらしく、
さらに精悍な顔つきになりましたね。

最後まで見るかはわかりませんが(え…)、キム・ボムだけざざっと見るかも←笑

category
「身分を隠せ」(感想)

「匂いを見る少女」全23話視聴終了☆

「匂いを見る少女」全23話視聴終了しました☆

1話40分くらいの23話だったのでカット版かな。
全体的な評価低めだったみたいですけど、それなりには楽しめました。
スキャンダルでユチョンファンが離れたりしてるのかなあ…

ただ、ユチョンファンは見なくちゃいけませんね。
めっちゃ笑えるので、少なくとも4話くらいまでは見なくちゃいけません笑。







※ネタバレあり

   ~あらすじ~

お笑い芸人を目指すオ・チョリム(シン・セギョン)は、
劇団で下働きをする明るい女の子だが、
3年前の交通事故のせいでそれ以前の記憶がない。

さらにその事故のせいで「匂いを目で見ることができる」という
不思議な能力を身につけていた。

痛覚、味覚、嗅覚を失った「無感覚症」の警察官チェ・ムガク(ユチョン)は、
妹を殺した犯人を捕まえようとムチャばかり。

実はチョリムの両親の死や3年前の交通事故と、
ムガクの妹の死が関係があるようで…
category
「匂いを見る少女」(感想)