ブログパーツ
Entry Navigation

フジテレビ「タムナ」第14話(2/22深夜放送分)あらすじなど☆

   ~第14話あらすじ~

無事に再会を果たしたボジン(ソウ)とウィリアム(ファン・チャビン)。
ウィリアムは、パク・キュ(イム・ジュファン)が助けてくれなかった、とかなり不満。
キュが未だにウィリアムが死んだと思っていることを、ボジンも知る…。

そこへソリン(イ・ソンミン)が登場し、ボジンは仕事へ向かう。
そして、ボジンとウィリアムを2人一緒に船に乗せて帰してくれることを条件に、ウィリアムはソリンの言うことは何でもすると約束するのだった。

ボジンが帰宅すると、パク・キュが待っていた。
彼はウィリアムの死を告げ、何もできなくてつらい…と述べるが、ボジンはウィリアムが生きていることを知りながらもそれを責める。
何も答えず、さびしそうに去って行くキュだった。

ある日、働いているとボジンは秘密倉庫のようなところにタムナの献上品を発見。
「おかしい」とウィリアムに相談するが、商団で見たことや自分が生きていることは、パク・キュにも誰にも話さないようにと言われる。

自分(ウィリアム)が生きていることも話してはいけない。そうすれば2人でイギリスまで船で帰してもらえるから…と。

秘密にすると決めたボジンだったが、やはり帳簿にないものばかり。
そんなときソリン(イ・スンミン)の呼ばれて出て行くと、そこには商団を調べに来ていたキュがいた。
タムナ14話キュとボジン


キュは、ソリンでボジンが働くことを心配しつつ、何か変なことがあったら必ず知らせるようにと言う。
それを聞いて最初はウィリアムとの約束を守り黙っていたが、帰り際に例の献上品のことをキュに話したボジンであった…


category
「タムナ~Love the island~」第1話~第16話最終回(あらすじ)