ブログパーツ

BD「耳をすませば」感想など☆

勝手に評価→☆☆☆☆☆(5/5) でも、本当は天沢くんかっこよさで☆6つ(120点)だな!

 ジブリの名作。ナウシカやラピュタは殿堂入りだけど、これも素敵です^^♪
(ぴとらサンが未視聴だとおっしゃっていたので載せてみることに~笑)



左は北米版のBD&DVDセット、右は日本版のDVDです。

 ~あらすじ~

月島雫(つきしましずく)は、読書好きの中学3年生。
学校の図書室や市立図書館の本、特に物語を読むことに没頭している。

ある日、貸出しカードに「天沢聖司」(あまさわせいじ)という名前を発見。
気がつくと雫の読む本には必ずその名前があった。
顔も年齢もわからないが、その名前は彼女の心の中で膨らんでいく…


※以下、ネタバレ含みます
(天沢くんの名言・名歌がありますが、それは断じて載せません!笑)
思春期にありがちな勉強・恋・将来の悩みををうまく取り上げつつも、
それだけじゃないってゆーのが私の大好きなところ。
妄想女子にはたまらないお話です。
男性はもしかしたらあまり好きじゃないかもしれませんが…。

天沢くんは、バイオリン職人を目指してイタリアまで修行に行くほど、
将来のビジョンがはっきりした少年。(しかも頭もいい)
一方、雫は将来がわからないし、高校も天沢くんと一緒だったらいいな、など
軽く考えてしまいがち。

将来のことをやっと考え始めるが、成績はがた落ち…
天沢くんを見てあせる気持ちをおさえられず不安な雫。
って、この悩みもわかりますよね。
好きな人に限らず、誰かと比べて自分は…と悩む人は多いはず。

音楽も素敵です^^。
有名なカントリーロードを基調にそれ以外も映画に合っていますね。
「地球屋」っていうちょっとミステリアスなお店がまたいいです。
そのお店のおじいさんも内容に深く関わってくるのですが、その辺りの曲もいいですよ~。

そうそう、舞台は東京の聖蹟桜ヶ丘。
わりと近くに住んでいたので、
探索に行ったりもしたけどゆっくりは見られなかったから残念。
地球屋の元になったお店があったらしいですが、どこにあったの?笑

あとはやはり、天沢くんです。かっこよすぎです笑。
最初はツンツンしてるけど、かなり乙女心をくすぐるツンツンです笑。
しかも、バイオリン職人目指してるってだけあって、バイオリンも弾けるんだけど
髪を振り乱して弾いてる姿がたまらん!!!!!

あらぶる天沢くん、かっこよすぎ~(>∀<)!!!

ってな、具合ですわ笑。でも、ある人の批評を読んだら

単なるオタクでストーカーの天沢が、まんまと雫を落とした話。

ってゆってました笑。まー正しいんだけど、ひねくれてる笑。
だいたいさ、オタクでストーカーだろうが

これだけかっこよくて何か問題あります(゜∀゜)?

私は未だに天沢くんと結婚したいです(*^∀^*)キャキャ。




もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします^^!!

category
「耳をすませば」(感想)

Comment