ブログパーツ

「glee」シーズン3第2話あらすじなど☆(NHK総合 2013/7/30深夜放送分)

今回はクイン(ディアナ・アグロン)の親心と、
カート(クリス・コルファー)とブレイン(ダレン・クリス)の複雑な
心境に注目ですかね(^皿^)!!

   ~第2話 「運命のオーディション」I Am Unicorn~

ミュージカル学科のある大学入学を少しでも有利にするため、
学年委員長に立候補したカート。

その選挙運動を手伝うブリトニー(ヘザー・モリス)は、
彼女が信じている「ユニコーン」をモチーフに派手なポスターを作るが、
落ち着いた雰囲気のデザインがいいとカートは反対。
それにもかかわらず、学校中にポスターを張り巡らしたブリトニーに大激怒!

落ち込むブリトニーにサンタナ(ナヤ・リヴェラ)から、
「あなたがカートのためにそんなコトする必要ない」と慰められ、
何とブリトニー自身が学年委員長に立候補することに!!

一方、シェルビーがマッキンリー高校に臨時教師としてやって来る。
シュガー(第1話で登場しためっちゃ歌の下手な女の子)の父親が娘のために、
「第2のグリー部」を作ろうと学校に多額の寄付。
それと引き替えにシェルビーを雇わせた。

シェルビーは娘ベス(クインとパックの子ども。養子としてシェルビーに引き取られた)
の成長を近くで見守りたいため、この仕事を引き受け
ミュージカル俳優としての仕事を休止することに決めたのだった。

パック(マーク・サリング)はベスに会いたくて、シェルビーを訪ねる。
ベスを見たパックは親としてベスに会い続けたいと思い、
クインにもベスに会うようにすすめる。
しかし、シェルビーにそのような生活を続けるなら、
ベスに会わせるわけにはいかないと言われてしまう。

それでもなんとかベスに会わせてもらったクインは、
我が子のあまりの可愛さに感動し、鼻ピアスもやめ髪の色も戻し、
グリー部に復帰し、昔の優等生だったころのクインに戻った、と思いきや…

glee3 2話 クイン1

「あの子を取り戻す。そのためには自分を偽ったっていいの。
喜んで優等生に戻って真剣をもぎ取ってみせるわ!!」
その言葉を聞き、青ざめるパックだった…

さて、「ウェスト・サイド・ストーリー」の公演が決まったグリー部は、
オーディションが始められる。
カートとレイチェルは、主役のトニーとマリアをお互い狙う。
しかし、男らしさの足りないカートは悩む。

一方、ブレインもトニー役を狙っていたが、
カートが主役を欲していることを知り、遠慮して他の役を希望する。
しかし、オーディションで見事な歌声を披露し、

glee3 2話 ブレイン1

オーディション審査員のエマ(ジェイま・メイズ)たちに、
「トニー役をする気はないの?」と言われて動揺するブレイン。

本当はやりたいが、カートのことを考えると…
そして、カートも恨めしい表情でブレインを見つめる… 

                                  ~第3話へ続く~







にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

もしよかったら、ポチリっとお願いいたします^^!!





category
「glee」シーズン3第1話~22話(あらすじ)

Comment