ブログパーツ

「glee」シーズン3第7話あらすじなど☆(NHK総合 2013/9/3深夜放送分)

今回は、サンタナ(ナヤ・リヴェラ)のレズビアンとしての
カミングアウトについてがメインです。

サンタナちゃん大好きなので大好きな回ですが…ちょっと切なくもありますね。
では、簡単なあらすじどうぞ~(*´ڡ`●)!!


   ~第7話 「カミングアウト」 I Kissed a Girl~

サンタナがみんなの前でフィン(コーリー・モンテース)をビンタし、
校長から停学処分を受ける。
しかし、サンタナのことを心配したフィンは急に主張を変えて助け船を出し、
必死にかばいサンタナの停学はまぬがれる。

フィンはサンタナにチームに戻ってくるよう促し、
グリー部の仲間たちも歌でサンタナを励まそうとする。
ゲイカップルであるカート(クリス・コルファー)とブレイン(ダレン・クリス)は
素晴らしい歌をサンタナのために披露☆

glee3 7話 カートとブレイン1
(本当にいいです。カートくんも歌がシーズン1&2に比べて良くなった気がします(*´∀`*))

そのかいもあってみなにカミングアウトできたサンタナ。
あとは大好きな祖母に言うだけ…。
そしてついに女の子が好きだと告白するサンタナだが、
祖母に家を出て行くようにと言われてしまう。
(宗教的な問題なのか、そんなことを口に出すなんてとかなりひどい言われようで…(´・ω・`))

一方、学年委員長の選挙戦で劣勢のカートだが、あこがれのNYADA(ニヤダ)に
入るためには何としても肩書きが欲しかった。
切羽詰まったカートは票の水増しを画策するが、レイチェル(リー・ミッシェル)に
不正は止めるように言われ不正だけは行わないようにする。
だが結局、委員長はブリトニー(ヘザー・モリス)が当選!

しかし、実はカートのことを心配をしたレイチェルが投票の水増しをしており、
それが学校にバレてしまう。
当然、カートが不正を働いたと校長に言われてしまい、友人に罪を被せられないと、
自白したレイチェルは停学処分。そして次のgleeの大会も出場できなくなるのだった…

                                          ~第8話へ続く~







にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

もしよかったら、ポチリっとお願いいたします^^!!

category
「glee」シーズン3第1話~22話(あらすじ)

Comment