ブログパーツ

ジブリ映画「風立ちぬ」感想など☆

勝手に評価→☆☆☆(3/5) 飛行機作りに命をかける・・・

 より良い飛行機を作ろうと燃える職人たち。







※ネタバレあります


   ~あらすじ~

大正から昭和にかけて、
戦争や大震災、世界恐慌による不景気などに包まれる日本。

航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、
いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。

関東大震災が発生し、そのとき汽車で出会った菜穂子とある日再会。
二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。

結核を治療するために遠くの施設に入らなければいけない菜穂子。
菜穂子の看病をしたいが、航空機を作る現場から離れることはできない二郎。
いや、というより、今離れては自分の満足できる航空機ができない、
という使命感、目標のため航空機を作り続ける。

勝てるはずないとわかっている戦争に使われる航空機であっても・・・



特におもしろかったという印象はないのですが、航空機作りに一生を捧げる二郎。
でも、菜穂子のこともすごく大事に思っていて、両方ともかけがえのないものなんですね。

菜穂子も二郎のことをよくわかっているので、
文句も言わないし、邪魔にならないように気丈に愛し続ける。

二郎の夢?のシーンも象徴的です。
そうやって幼いころから航空機作りだけを目指して生きてきた二郎。
勝てない戦争とわかっていても、
より軽くより速く飛ぶ飛行機、質のいいものを作ることに命をかけます。

彼らの作った飛行機は戦争から帰って来ることはなかったそうです。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします^^!!

category
邦画(項目にないものを入れています☆)

Comment

おじょです

ブログでのコメントできなくて・・・・😢
   m(__)mごめんなさいね
     

   目の事もあったんだけど・・・・

     母の介護も・・・・認知が酷くなってて・・・・

    仕事も・・・・・脊髄の痛みも酷くて・・・・

     周囲からは・・・・鬱になっても・・・おかしくはない
       よく・・辛抱できるねって・・・

      体が不自由・・・で自分の事でいっぱいだろう・・・

      でも・・・仕方ないかなって・・・・・

     だいぶ・・・あきめいてきましたね  
       こっちの生活に慣れてきたかな

        今から紅葉。。。シーズンだから
           温泉巡りもいいですよ
  • 2014⁄09⁄14(日)
  • 16:57

おじょサンへ☆

おじょサン、いらっしゃいませ!!
お久しぶりです(・∀・)!!!!

> ブログでのコメントできなくて・・・・😢
>    m(__)mごめんなさいね

そんなことは全然気になさらないで下さい。
私の方こそ最近は忙しくて、
めっきりブログ更新がおろそかになっていますです、はい。。
ドラマもほとんど見れていません(´・ω・`)。。。

>    目の事もあったんだけど・・・・
>      母の介護も・・・・認知が酷くなってて・・・・
>     仕事も・・・・・脊髄の痛みも酷くて・・・・

介護やご病気の方は少しは落ち着いたのでしょうか?
コメントもご無理なさらないでくださいね。
気分転換などにはいいかもしれませんが^^。

ブログの更新も最近なかったので大変心配しておりました。
決していい状態ではないかもしれませんが、
コメントいただけで本当にうれしいです。

ご家族のこと、ご自分のこと、何でもいいのでお辛いときは
鍵コメでもかまいませんのでストレス発散にコメント欄をご利用下さいませ(*´∀`*)。
  • 2014⁄09⁄14(日)
  • 23:29
  • [edit]