ブログパーツ

TBS韓流セレクト「ドラゴン桜」第3話(12/14放送分)あらすじなど☆

  
   ~第3話「数学の神」あらすじ~


基礎がなっていないベクヒョンたちは、
10日間の合宿を学校で行い基礎固めをすることになった。

もちろん、カン・ソクホ(キム・スロ)やスジョン(ぺ・ドゥナ)も一緒だ。

数学の神と呼ばれる老人を教師に招くも
生徒たちのレベルの低さに呆然。

それでも分かりやすい方法で、数学の基礎から教えてくれるのだった。

合宿初日で、寝つけないプリプ(コ・アソン)は夜に外へ出る。
ヘッドホンで歌謡曲を聞きながら風に当たっていた。
そこへ同じように眠れなかったベクヒョン(ユ・スンホ)がやってくる。

真面目な話を少しした後、プリプが変な曲ばかり聴いているので
ヘッドホンを取り上げてからかうベクヒョン。

2人の会話が盛り上がると、
それを見つけてしまったヒョンジョン(ジヨン)が焼きもちを妬くのだった。

次の日、チャンドゥ(イ・ヒョヌ)の父親が弁護士などと一緒にやってきて
ソクホを訴えると言い出した。

息子を留学させたい父親だったが、チャンドゥが拒否するための
強行突破である。

それがわかったチャンドゥは、留学するからもうそんなことはやめてくれ、
と出て行こうとするが、ソクホはそれを許さない。

お前は天下大に行くために残らなければいけない。
ここでやめることは俺が許さない!
と言って、自分は連れて行かれてしまう。


                                        ~第4話へ続く~



ベクヒョンとプリプはそっち系ですかね(*^^*)?笑
ヒョンジョン大丈夫かな…。

って本分は勉強だからね!!

初めはなんとも思ってなかったのに、
ちょっとベクヒョンが気になりだしたすいみーでした(>∀<)でへへ☆

category
「ドラゴン桜」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/119-e123b906