ブログパーツ

「サメ~愛の黙示録~」第11話&第12話あらすじなど☆

「サメ~愛の黙示録~」第11話&第12話視聴終了しました☆

今回はヘウ(ソン・イェジン)が、
ジュン(キム・ナムギル)がイスだと確信するシーンが含まれます。
やっとですね…。ではあらすじどうぞ~(*´∀`*)


サメタイトル


※ネタバレ含みます

   ~第11話&第12話あらすじ~


グランブルーホテルをジャイアントホテルに奪われ、
キム・ジュン(キム・ナムギル)に怒りを覚えるウィソン。
冷静に見せてはいるが、
ジュニョン(ハ・ソクジン)もジュンに不信感を募らせ、
珍しく敵意をむき出しにしている。

ちょうどそのころヘウ(ソン・イェジン)に届いたUSBデータ。
ヘウはホテルのPCで中身を確認していると、
なぜか会場に音声が流れてしまう。
(ヘウは映像・音声ともに確認している)

それはウィソンがひき逃げを認め、怒り狂う場面。
そして金で片をつける場面だった。

今までなかった証拠が見つかったため、
ウィソンのひき逃げ事故が明るみになる。
チョ会長は謝罪会見を行い、
ウィソンもひき逃げを認め謝罪する。
しかし、実際はウィソンに反省の色は見られない。
(こいつほんとどうしようもない男でびっくりする。
頭も悪いし家族に迷惑かけまくりだし。
ヘウみたいないいこが娘でよかった…)

ヘウは何か新たな事実が見つからないかと、
式典会場のカメラを見ていた。
するとそこにはジュンが写っており、
手にはサメのペンダントを握りしめていたのだ。
半信半疑だったヘウは、彼がイスだと確信する。

イスを訪ね、もうこれ以上やめて、と懇願するヘウ。
しかし、イスは聞かない。
嫌なら逃げてもいい、とイスは言うが、
どこまでも追いかけて真実を必ずつきとめるとヘウは断言する。

父が本当はひき逃げで亡くなったことを知り、
落ち込むイヒョン(ナム・ボラ)を慰めるため、イスは昼食に誘う。
イヒョンに「あなたのことは好きだけどそういうんじゃない」と言われるイスだが、
笑いながら「大丈夫、僕もそういうのじゃない」と答える。

その様子をうかがう殺し屋。
(あの古本屋の店主。ペンをカチカチする人)

チョ会長は郵便で送られてきた謎の封筒を見て顔面蒼白となる。
それにはある写真が入っており、
チョ会長とその父親が写しだされたものだったが…

イスは高校生のころにヘウとよく行った売る本屋へ行く。
店主がペンをカチカチしている様子を見て気がつくイス。


サメ12話イス1


イスは自分の父親を殺した人物を探していたのだが、
まさにこの人物だったのだ。



やっぱキム・ナムギルっていったらこの目ですよね。
怖さと色気が入り混じった目が大好きです!!
声もいいですよね(*´艸`*)








もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします(*´ω`*)!!


category
「サメ~愛の黙示録~」第1話~第20話最終回(あらすじ)

Comment