FC2ブログ
ブログパーツ

劇団四季「恋に落ちたシェイクスピア」を見に行ってきた!

福岡キャナルシティ劇場での初日(2018年12月23日)、
劇団四季「恋に落ちたシェイクスピア」を娘と見に行ってきました!



恋に落ちたシェイクスピア1



四季ってミュージカルばかりと思っていたのですが、ほぼ舞台でしたね。
歌はほとんどありませんでした(*´Д`)アレレ

演劇好きなのでそれはかまわないのですが、
四季はミュージカルのみと思っていたので(私の偏見ですみません汗)、
それを期待していくとよくないと思います。


演劇と思って見て下さいね(・∀・)!!

内容は、ウィル・シェイクスピアが「ロミオとジュリエット」を書き上げるまでのお話です。
(資金難があったり、劇団が無くなったり、いいキャストがいなかったりと
問題が山積みな感じ)

一番はウィルがスランプで台本が書けなくて困っています。
そんなときたまたま出会った身分の高いヴァイオラに恋をする…
そしてスランプを脱します。

ヴァイオラは演劇が好きで、いつもこっそり見に行くほど。
ウィルが最初に名前を名乗ったときもすぐに「あの作家だ!」と気がつくんですよね。


「恋に落ちたシェイクスピア」という映画や本など合わせてお初だったので、
内容はイマイチでした笑。
もっと悲恋なのかなと思っていたのですがそうでもなく、
悲劇なのかなっと思ったらそれもそうでもなく…(それっぽい話はありますが)

ただ、劇団四季は……


やはり歌だけではなかった!!!


個人的に舞台のセットがすごく好きです。
エリザベス朝時代のお話なので、衣装の豪華さはもちろんのことですが、
対照的なそのセットのすばらしさ。

シンプルな骨組みのセットですが、下の段と上の段で構造が分かれています。
回転も自由自在で、シンプルなのでとにかく演者が目立ちます。
舞台の上手から下手の横だけでなく、
上段下段の縦にも目一杯使用されており目で楽しめました。

薄い布切れ1枚が降ろされるシーンもよくあり、照明で透過するのが美しい。
照明を当てなければ何も見えません。
小学生の娘がふと、「あの布何のためにあるの??」聞いてきたので、
よく見ていないとまだ難しいかなと思いました。

子どもを連れて行くかどうか迷われた方は、
小学校高学年なら概ね大丈夫かなと思います。
ただし、ベットシーン、キスシーンがありますのでそれを了承できればです笑。
うちの娘は飄々と見ていました。(心の中はわかりませんが笑)

歌がなくてもお芝居すばらしかったですね。
そりゃプロですもんね、当たり前ですよね。
何だか劇団四季を見る目が少し変わった作品でした(*´艸`*)。





ブログランキング・にほんブログ村へ

もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします。

category
つれづれなるままに…(日常・舞台・趣味など何でもござれ~)

Comment