FC2ブログ
ブログパーツ

フジテレビ「海月姫」」第4話(11/11深夜放送分)詳しいあらすじなど☆

   ~「海月姫」第4話あらすじ(ネタバレあり)~


くらげをこよなく愛する暮下月海(くらしたつきみ)は、イラストレーターを目指して上京。

そして男子禁制の共同アパート天水館(あまみずかん)へ入居し、それなりに楽しく過ごしていた。
なぜならそこには、月海がクラゲを愛するように、他のみんなも各々何か愛するに没頭するような
ものを持っていたから。

ある日、月海が溺愛するクラゲ・クララのピンチを救ってくれたおしゃれ女子を部屋に泊めたら、
実は蔵之介という男の子だった!(プロローグ)


蔵之介の兄、政治家でもある修から、
天水館のある場所に2年後に高層ビルが建築予定だと聞かされた蔵之介は、すぐに月海に知らせに行く。
しかし、元々その噂を知っていたものの、現実的に考えていない天水館の住人たち。

ちょうどその日は、月海がクラゲを見に水族館へ行く予定だと聞いた蔵之介は、
月海をまたおもいっきりメイクアップして変身させ、家の車を出して同行することに。

しかし、家の運転手が出かけていたため、兄の修が運転手として来てくれることになった。

水族館では大好きなクラゲを見て、大興奮の月海。
その様子を見て、かわいくて顔を赤らめる修。

なんとも思ってなかった蔵之介も、そんな月海の笑顔を見て、
ちょっとときめいてしまうような自分に動揺するのだった。

蔵之介がトイレへ行き気持ちを落ち着かせて、女装をやめて男の姿に戻って返ってきた。
そして今までの人生に思いを馳せる。


 蔵之介(心の声):幼稚園・小学校・中学・高校、そして大学といくらでも女の子が寄ってきた
         街を歩けばスカウトの嵐。モデル事務所、アイドル事務所、音楽事務所まで。
         
         いつも名刺でいっぱい。うちの高校で一番の美人も、隣の高校で一番の美人も
         あちこちの大学のミスコンの1位の美人も、み?んな俺の彼女だった。 
          
         モテてモテて、モテ過ぎてそのせいでトラブルも多くて、もう女の子は飽き飽き、
         モテるのなんてめんどくせーってうんざりしちゃってる俺が、この俺が…
         よりによって俺様が! 


 ふと目の前を見ると、こともあろうに修と月海が抱き合っていた。
 
 蔵之介(心の声):超堅物眼鏡男子(議員秘書チーム所属)、クラゲ大好き、オタク大好き(尼?ず所属)
          のこの光景に何でこんなにムカついてるわけ?



公衆の面前で何をやってるのかとすぐに2人を引き離す蔵之介。

実は、他界した母親との思い出のクラゲを発見した月海が思わず泣いてしまい、
それを見た修が、何かしてあげたくなり抱きしめたというのが真相だった。

そんなわけで、みなの心が震えた水族館であったが、
それぞれに何かしら変化があったよう。
その後、3人車で帰路につく。

帰宅すると目白先生(天水館に住む漫画家)が締め切りをかん違いしており、
尼?ずみんなでアシスタント業務に死に物狂いで取り組むのだった。

                                   ~第5話に続く~






原作知らないせいかおもしろいね?(>∀<)!!

今後の蔵之介と修の気持ちの変化とかちょー楽しみ♪

それにしても…


     蔵之介かっこいいわあ(*^^*)笑
                  


                            ではでは、また~。ばはは~~~~い☆ 


category
「海月姫」第4話~第11話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/14-31845e8e