ブログパーツ

TOKYO MX「パートナー」第4話(12/21放送分)あらすじなど☆

   
   ~第4話「絶対に許せない」あらすじ~


被害者家族の投げた物がウノ(キム・ヒョンジュ)に当たりそうになったのを守って、
右目の上あたりに怪我を負ったテジョ(イ・ドンウク)。

国民的女優チョン・ヘスクに言われて人を殺したという、
ある男性を弁護しているウノとテジョ。

テジョの兄ヨンウ(チョ・チョロ)に尋問を受けているところだが、
供述がころころ変わりかなり不利。
法廷でないときはきちんと説明していたのになぜ?
と不思議に思うウノとテジョ。

法廷後に理由を尋ねると、ソンミン(男の息子)が
ヘスクの経営する病院に入院しており、何かされるのではないかと不安だという。

ウノはへスクの病院へ訪ねて行くと、ソンミンが違う病院へ
連れて行かれそうになっているのを見つけて止める。

店で飲んでいるジョンウォン(イ・ハニ)に仕事の書類を届けるウノ。
そのまま一緒に飲み始めたが、酔っ払ったウノを不倫相手のヨンウが迎えにくる。
介抱されながら外に出るジョンウォン。
外に出ると、あなたに会いたくて死にそうだった、とヨンウを抱きしめる。
強く抱きしめ返すヨンウだった。

ジョンウォンに会いに来たテジョは酔っ払ったウノを発見。
ベロベロに酔っ払ったまま出て行くウノが心配で、後ろからついて行く。
それに気がつくと、ぐうたらイ先生だとバカにされたので、去って行くテジョ。
そのときウノは突然、あの女を必ず捕まえたい。
権力を振りかざして、病気の子どもを追い出そうとするなんて許さない。と真剣に言う。

その帰り道に、被害者の兄が証拠になるものを持って現れる。
ウノが被害者家族に会いに行ったとき(そのときは門前払いだったが)
置いていった名刺を見て尋ねてきたという。
そして証言までしくれることに。

妻にも証言して欲しく、頼みに病院まで行くとソンミンの病室が変わって、
マスコミ対策で入院中のヘスクの病室の側にある部屋に移っていた。
廊下で待っていると、もう訪ねてこないで下さいという妻。そわそわとおびえているよう。
廊下の先を見えると、ヘスクの部屋から妊婦が出てくる。

事件の続きの法廷が始まった。
証言台にヘスクの病室から出てきたあの妊婦が立つ。
反対尋問で、この妊婦に尋問をするテジョ。
途中まで有利に進んでいたが、ヘスクの病室へ言ったかと聞かれた女性が
行っていないと嘘をつくので、腹が立ったウノは尋問を代わります、と前に出てくる。

裁判官に止められるのも聞かず、あの女に買収されたの?あの人が怖い?
もうすぐお母さんになるんでしょ?嘘をついていいの??
激しく尋問し続けるウノとテジョは、退廷を命じられるのであった…。


                                     ~第5話へ続く~


やっと、ウノとテジョが少し近づいた感じでした。
でも、まだ4話だからぜんぜんかな??

もうちょっとスパイスが効いてたら、
このドラマももっとおもしろくなると思うんだけど…

今後に期待してま~す(^∀^)♪

category
「パートナー」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/141-831aa0d4