FC2ブログ
ブログパーツ

TBS韓流セレクト「ドラゴン桜」第9話(12/22放送分)あらすじなど☆

   ~第9話あらすじ~


ビリの119番☆ダンスで英語の授業!まるで予備校?などと
ホームページで勝手に商業活動をした英語のヤン先生。
サイトはすべて削除したが、すでに流出した後だった。

ホームページに謝罪文を載せて生徒に謝れと怒るカン・ソクホ(キム・スロ)。
教師も辞めて学校を出ていくように言うが、
数学チャ先生がそれでは意味がないと止める。

生徒と築きあげた信頼関係はどうなる?
ヤンが金の亡者なのははじめからわかっていたことだ、と。

スジョン(ペ・ドゥナ)も、英語の授業はしたいけど、こんな感じで引き継ぎたくはない。
ちゃんと生徒のことを考えてください、と。

この事件などを理由に、中間テスト後、ソクホの解雇要求の理事会が開かれることに。
最近ソクホに惹かれぎみのチャン・ミリ理事長(オ・ユナ)は少し心配。

中間テストが開始。
今回のテストは簡単に作られていたものの、結果はみな良好。
ボング(イ・チャノ)は、みなより成績は悪かったが
眠り癖を直そうと努力していた。
チャンドゥ(イ・ヒョヌ)も勉強しながら変な格好で寝てしまったが
その様子を見た両親は、特進クラスでの生活を応援しようと決める。

ただ、答え合わせでは満点だったベクヒョンであったが、
記入ミスのため予想よりはるかに低い点数でショックを隠しきれない。
自分自身の責任だと先生たちに攻められるが、それがわかっているから悔しくてたまらない。
それからベクヒョンは授業に来なくなる。

中間テストが終わると、理事会の召集がかかった。
そこでソクホはいらないと、と答弁に来た英語教師ヤンだったが、
なぜか途中でプリプたちにつかまり教室へ連れていかれる。

そこでは生徒たち(ベクヒョンは廊下で傍観していたので、それ以外の4人)が
先生1人1人に花飾りを渡してお礼を言い、これからもよろしくお願いします、と挨拶。

ひどいことをしたにも関わらずお礼を言われるなんて、
これにはヤンも感銘を受け、理事会の答弁に行くのをやめた。
チャンドゥの両親も出席予定だったが欠席。
ソクホは解任を免れほっとするチャン・ミリ理事長だった。

まだ立ち直れないベクヒョンは、桜が舞う中プリプを公園に呼び出す。

ベクヒョン:座れよ

   2人ベンチに並んで座る。

プリプ:大丈夫?悔しいでしょ

ベクヒョン:心配したか?

プリプ:当たり前でしょ。

ベクヒョン:なぜ?

プリプ:なぜって…友達だから……。

   プリプの髪に落ちる桜の花びらを手に取るベクヒョン。そのまま顔を近づける。

運悪くその場を目撃するヒョンジョン。思わず顔を背けるのだった。


                                       ~第10話へ続く~



きゃ~~~(>∀<)!!ベクヒョン何するの???
(何もしないと思うけど、期待してしまう笑)

次回は、ヒョンジョンが荒れるっぽいですな。。

関係ないけど、プリプの走り方が運動音痴っぽい走り方です(゜∀゜)。
どうでもいいけど、気になったので笑。

次は、祝日飛ばして明後日ですね!
ああ、顔はともかく(←ひどい笑)ベクヒョンがかっこよすぎる…☆☆☆
category
「ドラゴン桜」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/145-f115c378