ブログパーツ

フジテレビ・韓流α「セレブの誕生」第17話&第18話(12/23放送分)あらすじなど☆

   ~第17話あらすじ~

テヒ(イ・シヨン)に、自分の父親のせいでソクボンの父親が亡くなったと
聞かされたシンミ(イ・ボヨン)は思わずテヒを平手打ちしてしまう。

しかし、テヒが素直で嘘をつくような性格でないと知っているシンミは、
父親の元へ真相を聞きにいく。
あっさりと認める父。

今後、ソクボン(チ・ヒョヌ)とどうするか悩むシンミだったが、
まずはソクボンの父親の眠るお墓へ挨拶に行く。
そして趣味のフェンシングに没頭。

心が決まり、ソクボンを呼び出す。
一緒にフェンシングをしていても、好きでたまらない気持ちが溢れてくる。
それはソクボンも同じようで、ついにキスをされるシンミ。

自分の口から父の過ちについて話さなくてはと思い、
テヒとウンソク(ナムグン・ミン)にも強く口止めをするのだった。

ウンソクの手料理振る舞ってもらうシンミ。
あまりのうれしさに、大粒の涙を流して本音を暴露してしまう。

あたしこの料理を食べる資格なんてない。
どうしても考えちゃうの。心ではこんなにウンソクさんを思っているのに、
頭ではどうしてもあいつのこと(ソクボンのことを)を考えちゃうの。ピアノ弾いてるときもかっこよく見えたし、遊園地でもシンミといるとムカついて…。
心ではウンソクさんが大好きなのにごめんなさい、ごめんなさい。

テヒの心の中にいられなかった僕が悪いんだよ。
しばらく何も考えないで、婚約式も先に延ばそう、と優しいウンソク。
(本音かは微妙)

今でもソクボンがジュンテに会いに行っている知ったウンソクは動揺。
ジュンテは希少金属事業を始めた張本人なので、ソクボンも狙っているのではと不安になる。
執事からの報告では、ソクボンと一緒に住むウ・ビョンドがうさんくさい。
彼についてもっと詳しく調べさせる。
(この時点ではソクボンは希少金属事業に関わっておらず、ウ・ビョンドが勝手に進めている。
すいみーから見てもウ・ビョンドはいい意味でうさんくさいです笑)

ウンソクはテヒをデートに誘う。
食事の後に、河原で座る2人。

テヒ:苦しいのね…ウンソクさんは苦しいときいつもここに来る。

ウンソク:どうしてそれを…

   驚くウンソク。

テヒ:だって昔からウンソクさんの後ばかり追いかけてるんですもの。

   大げさに笑ってみせるテヒ。

テヒ:あのときのことも覚えてる。

   (回想)ウンソクが新聞で、父親が検察に召喚された記事を読み、悔しがる。
      くそ!くそ!と拳を地面に叩きつけるウンソク。それを後ろで見ているテヒは、
      あんなに自分の手を傷つけて大丈夫かしら、痛くないかしら!?と心配している。
      そして、何よ!と自分が持つ新聞をびりびりに破る

ウンソク:見てたのか?

テヒ:知らないふりをしてたの…。もう自分を傷つけるようなマネはやめてね。
   婚約式も予定通り行いましょう。婚約が遅れたら、パパがウンソクさんの会社を
   助けてくれないかも。私の気持ちなんかどうでもいいから婚約しましょ。
   うちのパパの気持ちが変わって、ウンソクさんがつらくなるなんてイヤなの。

ウンソク:君はどうして…

   テヒを強く抱きしめるウンソク。抱きしめ返すテヒ。
   このときの2人には嘘がないように見える。
   (本当にテヒっていい子…きっとウンソクも心が動かされたはず。)

社員旅行?のようなものに出かけているシンミ御一行。

夜にソクボンとシンミ2人。
ソクボンは、父が亡くなっていると知ったとき、この世の終わりだと思った。
あなたがいなかったら、僕は元気でいられなかった。ずっと僕だけを見ていてくれ。と、
例の父親からもらったネックレスをプレゼントしようとする。

どうしても受け取れないシンミはとうとう本当のことを打ち明ける。
実は、あなたが自分のお父さんの顔を見られないのは、私のお父さんのせいなの。
お父さんが過ちで、あなたのお父さんの死に関わっているの。

驚くソクボンだった。


   ~第18話~

冗談だよね?冗談なんだろ?そうだと言って、とソクボン。しかし、その答えは

ごめん…とシンミ。

ソクボンはシンミの父親の元へ行き、それが事実だと知る。
娘さんが言わなかったら、ずっと秘密にするつもりだったんですか!
と怒るソクボンだったが、どうしようもない。

ある日部屋でウ・ビョンドが、とうとう正体を明かすときがきた、
とソクボンに語り出す。

希少金属事業はじめるにあたって、日本で契約が必要なんだ。
そのためにはお前の力が必要だ。聞いてるのか?
オレはお前にプロポーズしてるんだぞ。

プロポーズ…僕もシンミにプロポーズしたつもりだったのに…
と、ビョンドの話があまり頭に入ってこないソクボンだ。

ユ室長の秘密の電話を聞いたミョン主任と、シンミの秘書。
ユ室長がハードディスクなどを盗んだスパイだと発覚する


あの日以来、シンミを避けるソクボン。
考える時間をください、とだけ言う。

新聞にプホカードが、オソングループのカード事業の情報を盗んだと
大きく取り上げられ、合併も婚約全部解消だ!今すぐ出て行け!!と
ウンソクに怒り狂うプ会長(テヒの父親)。

ウンソクの父親がかばうも、泥棒だぞ、泥棒!!と叫ぶ。
泥棒とか言わないで!大丈夫?駆けつけてウンソクをかばうテヒ。

仮にウンソクさんが泥棒をしたとしても、それにはそれなりの理由があるんだから!
パパだって人の物盗んだでしょ!?ママのためですって?
ウンソクさんだって、パパとフロンティアを救おうとしただけでしょ??
だから許してあげて。私はウンソクさんと一緒にいたいの。

ウンソクは父から、どうして先に記事を止めておかなかったんだ?
せめて婚約式だけ早く済ませておけば…と言われるも
静かにその場を去るウンソク。
(わざと記事を止めず、婚約式も延期したのか?テヒのおかげで何か変わろうとしているのかも)

ソクボンはオソングループを退職。
ショックを受けるシンミはやけ酒。

そのころソクボンはシンミの父親と会っていた。
正直に心のうちを述べる。
あんな素敵な女性を育ててくれてありがとうございます。
1日でも早くお父さまに認められるよう努力します、と。

ウ・ビョンドとともに、ソクボンは日本へ行き希少金属事業の仮契約を結んで帰ってくる。
これはシンミの元へ戻るための前向きな一歩だった。

療養所へジュンテのお見舞いに行くソクボン。
外の庭でギターを弾き、ジュンテへ聞かせてあげている。
そこへシンミが登場するも、ソクボンの姿を見て帰ろうとする。
それを見逃さなかったソクボンは、ギターで弾き語りシンミを引き止めるのだった。

病室へ戻る3人。
写真で父親を見るソクボン。
真ん中に写るのはジュンテなのだが、ここで意味深な音楽。
もしや、ジュンテが…?


                                           ~第19話へ続く~



 今回もテヒがかわいいし、いい子すぎる~(>∀<)♪♪

ウンソクとテヒカップルめっちゃお似合いだと思うけど、
ウンソクがテヒに惹かれだして、罪悪感からか距離を置こうとしてるよね?
かん違いでなければ笑 。

明日はいよいよ最終回だけど、結局最後まで
ソクボン役のチ・ヒョヌが好きになれませんでした~f(^^;)。

みなさんはお好きですか?
あたしは断然、ウンソクだなあ。

そして、ウンソクははじめシンミ好きで通して欲しいと思ったけど
やっぱテヒだね!ホントお似合いだわ(*^^*)☆
category
「セレブの誕生」第1話~第20話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/149-ed1518f6