ブログパーツ

フジテレビ「タムナ」第6話(12/28深夜放送分)あらすじなど☆

   ~第6話あらすじ~

監察御史は盗人だった。
パク・キュ(イム・ジュファン)は袖から短剣を出してすぐさま応戦。
かなり強くて相手に怪我を負わせるが、
吏房たち役人がやってきて監察御史は逃げる。

パク・キュはそこで地面に落ちた札を拾い上げ、短剣と一緒に袖口に隠す。
実はその札は、大行首(イ・スンミン)率いるソリン商団の証…(キュはまだ知らない)。
しかもソリン商団はタムナの長老と繋がっており、献上品の盗難と無関係ではなさそう…。

役人に目をつけられたパク・キュはウィリアンチが決定。
ウィリアンチとは家のまわりに垣根などの囲いを施し、外出を禁止するものだった。

ウィリアム(ファン・チャビン)とヤン(イ・ソンホ)は、
明日の早朝に長崎へ向けての出航が決まる。
ボジン(ソウ)を連れて行く、と譲らないウィリアムは、そっとボジンに連絡しに行く。

一緒にタムナを出て行かないかと誘われたボジンは、悩むが隠れて家を出る。
それに気がついたパク・キュは、
どうしようもない想いに駆られボジンの腕を強く掴んで言った。

「行くな。嫌だ。奴の所へ行かせたくない!」

「放して…」と泣き出すボジンに、思わず腕を離すパク・キュ。

ボジンはそのまま飛び出して行ってしまう。
少し考えるパク・キュだったが、ウィリアンチであるにも関わらず
囲いを物ともせずに飛び越え追いかける。
しかし間に合わず、結局監視役に捕まり役所まで連れて行かれるのだった。

ボジンは走るが早朝には間に合いそうもない。
ギリギリまで待っていたウィリアムだったが、乗せてもらう商船に役人たちが攻め入る。
献上品の盗人だと思われたせいで、
商船長と、その息子ハン・フィリップことボンマンたちは捕まった。

パク・キュは役所で、何のためにウィリアンチを守らなかったか、盗人と関係あるのでは?
などと問いつめられると「ボジンを追いかけて行った、つまりはそういう関係だ!」
と機転をきかせて嘘をつき、尻叩きの刑でなんとか解放された。

心配で迎えにきたボジンだが、
そのころウィリアムとヤンは、役人からは逃れたが海女たちに見つかってしまい、
ヤンは朝鮮人だと偽り逃してもらうが、ウィリアムは役人のところへ連れて行かれそうに。

ボジンに助けるようお願いされ見つめられたパク・キュは、助け船を出し
役人に見せる前に長老に会わせるのが筋だと言い、みなも納得し長老の家へ連れて行く。

結局、パク・キュが上手く話をまとめ、ウィリアムは長老の家でかくまわれることに。
帰り道、ボンサム(ハニャンにいたころからのパク・キュの召使い)に、
捕まった献上品の盗人についての詳細を調べるよう指示するパク・キュ。

ボジンの母親にも、パク・キュが役人にたいしてボジンと恋仲だ、と
言ったことが噂で伝わっていた。
しかし、漁も下手で器量も悪いボジンに、パク・キュなら
悪くない条件だと応援し始めたのだった。

                                        ~第7話へ続く~


   パク・キュ~~~~~~(>∀<)!!


かっこよすぎるって笑。

だって、科挙を首席で合格して、しかもめっちゃ強くて、
ハニャンにいたころは女性に目も向けなかったのに、今はボジン一筋って…

かっこよすぎるわ~( ̄∀ ̄)☆笑

ボジンがお願いすると何でも聞いて、ウィリアムまで助けてくれるしさ。

ホント好き♪
もうパク・キュもそれを演じるイム・ジュファンも


   大好きだぁ~~~~~!!

と思うすいみーでした(・∀・)☆

でもこの2人上手くいく?
やっぱりウィリアムとくっついちゃうの??(>_<)

楽しみすぎますね(゜∀゜)♪♪

category
「タムナ~Love the island~」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/154-d20162d1