FC2ブログ
ブログパーツ

TBS韓流セレクト「ドラゴン桜」第11話(12/27放送分)あらすじなど☆


   ~第11話「運命の模試」あらすじ~

模試を受けたいというベクヒョン(ユ・スンホ)とヒョンジョン(ジヨン)に
模試を受けさせることにしたカン・ソクホ(キム・スロ)。

途中から保健室で模試を受けることになったヒョンジョンは、
問題用紙を持ってきてくれた国語教師イ・ウニョに

もう血は流してないの?心の傷の。自分を愛してくれる人は他にもたくさんいる。
でも、自分を愛せない人は誰も愛してくれないのよ、と言われるのだった。

みなの模試の結果は悪く、目標点にはほど遠い。
このままでは特進クラス解散。

チャン・ミリ理事長は自分を好きになってくれるなら解散はしないとソクホに言うが、
ソクホの意志は強く、
スジョン(ペ・ドゥナ)や生徒たちの反対を押しきり強制的に解散に踏み切った。

スジョンはソクホに向かって、生徒を放っておくことなんかできません!
とたんかをきり、自分でできることから始め出す。

その後、ソクホやその他の特進クラスの先生にも一切連絡が取れなくなる。
みなはいったん元の普通クラスに戻るが、特進クラスに行ったことをよく思っていない
一部のクラスメイトがベクヒョンやボング(イ・チャノ)などに絡んでくる。

ベクヒョンはバカにしてきた者を殴りまくり、職員室に祖母と一緒に呼ばれ申し訳なくてへこむ。
他のみんなもバカにされるボングを守り、全員で廊下に出される。

ベクヒョンはスパーリングをしながらソクホの言葉を思い出す。
何かを成し遂げるときに一番邪魔になるのは感情。勝つか負けるかはそこで決まると…。
ベクヒョンは体育館にみんなを集める。
そして生徒5人プラス、スジョンで特進クラスを再結成することになったのだった!

そのころソクホは、学校を傘下におさめようとするワンボングループに
よくない噂を聞きつけ調査中であった。

期末試験に向けてがんばるみんな。
しかしどの教室で勉強していても、チャン理事長に邪魔をされてかなり困る。
そんなときスジョンの教師仲間のバスケ顧問が、部室を貸してくれる。
そのおかげもあって、期末試験は大成功!

理事長はワンボングループの傘下に入るサインをするか迷っていたが、
みなの喜ぶ声を聞いてやめることに。
ちょうどそのころテレビでは、ワンボングループの不正が発覚し、
チャン理事長の選択が正しかったと教師たちに示しがつく。

期末試験はよくても、まだ次の模試がある。
そのための強化合宿を決行することになった。
転校予定だったヒョンジョンだったがみんなに止められ無理やり参加。
合宿は体育館にテントを張って行うことに。

勉強し疲れてテントで寝ていると夜中に聞き覚えのある足音が…
なんとソクホが戻ってきた!
そしてみんなにホースで水をかけながら、
寝てる時間なんかないぞ!すぐに起きて勉強だ!!と叫ぶ。
喜ぶみんなだった。(めっちゃ水かけられまくってるのにね笑)

                                    ~第2話へ続く~



今回は恋愛シーンがないので短くなるかなって思いましたが、
いつもどおりくらいの長さにはなったかな??

最終回まであと5話くらいですかな(・・)。
恋愛に決着はつくのだろうか…
でも勉強メインの話だしね~。

明日も楽しみ(^^)♪

category
「ドラゴン桜」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/159-17c332ed