ブログパーツ

フジテレビ「海月姫」第10話(12/23深夜放送分)あらすじなど☆

   ~第10話「愛とぬるま湯の日々」あらすじ~

クラゲのドレスを作るため材料を買い込み、天水館を訪れる蔵之介。

何も考えず、自分を型に月海に布を切らせる。
パンツ1枚で布の上に寝転がる蔵之介は、
本当に美しくてクラゲみたいだと思う月海だった。

そして千絵子に縫ってもらう(しかも音速ですばらしく上手)のだが、
出来上がったものはクラゲには程遠い安っぽいスカートだった。

しかし、その失敗作を見た月海が突如覚醒し、ものすごい集中力で手直しを始める。
見る見るうちにクラゲに近づいていくスカート。

だが、修の話題が出た途端、月海の覚醒は解けてしまう。
そんな中でも、あるパールを見つけた月海は、再度やる気モードに突入し、
みなに手伝ってもらって自分の想像していたドレスを作り上げた。
それを着こなす蔵之介は本当に美しい。

まややとばんばが、朝帰りで先に家に帰ると、
天水館は工事のためにブルーシートがかぶせられていたのだった…。


                                       ~第11話(最終回)へ続く~


いよいよ、今週は最終回!!
原作ではまだまだ続いているのでどうやって終るのかとっても楽しみです(・∀・)!!

category
「海月姫」第4話~第11話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/164-e99d948f