ブログパーツ

フジテレビ「タムナ」第11話(1/25深夜放送分)あらすじなど☆

 
   ~第11話あらすじ~

タムナ11話ボジンとウィリアムタムナ11話ボジンとキュ









再会したボジン(ソウ)と、ウィリアム(ファン・チャビン)、パク・キュ(イム・ジュファン)たち。

「パク・キュに何を言われても必ず来てくれると信じてた。
もう絶対に離れずにいよう!」と目を輝かせるウィリアムに、うなづくボジンだ。

パク・キュの傷の手当に行くボジン。
「あれほど来るなと言ったのに…」と言うキュ。
いつも通り言い争いになるが、キュの肩の深い傷を見たボジンは真剣に手当を始める。

キュ:悪くはない

ボジン:何が?

キュ:もうお前に…会えないと思っていた。だが会えた。悪くはない

目を伏せて正直に気持ちを伝えるパク・キュだった…     

ヤン(イ・ソンホ)は、キュのおかげで、ウィリアムとボジンを連れて逃げることに。
キュもボジンのためにはそれが1番だと考えていた…

目立たなくするため、ボジンはウィリアムの髪の毛を黒く染める。

ボジンたちが出て行く当日。
パク・キュの怪我が心配なボジンは、
「キヤンダリ、ちょっと出てきて。別れのあいさつくらいしてよね」

キュは締め切られた部屋の中であぐらをかき、微動だにしない。
ボジンは行こうとするが、振り返りまたキュを呼ぶ。

「キヤンダリ!あたし行くよ。体に気をつけてね。立派な人になってよ!
都では賭場に行っちゃダメだからね、わかった?」

キュは、自然と涙が溢れて押さえることができない。

「あたし行くよ、キヤンダリ!本当に行くからね」

ボジンはウィリアムに手を引かれながら出て行く。

声を押し殺して泣くキュ。
もうこらえきれずに泣き崩れるのであった。

ヤンたちは町まで下り、買い物などのためにウィリアムを隠し、ボジンとヤンは出かける。
だが、町にはソリン商団がキュを捜し歩いていた。
それを知ったボジンは知らせに戻ろうとするが、ヤンに止められる。
「今出て行ったら、もうウィリアムと国を出ることはできないぞ!」

しかし、それでもキュの元に戻るボジン。
それを知ったをウィリアムは「まさか!」と信じられずに、キュの元へ戻る。
ウィリアムも出国できないのを承知で…

キュの元へたどり着いたボジン。
そのときすでに、キュの胸は、物陰に潜むソリン商団の者に拳銃で狙われていた。

それを知らないボジンは早く逃げるように必死で伝える。
わけのわからないパク・キュ。

そのとき空を鳴きながら飛ぶトンビがあわられる。
それは、ソリンからの連絡を授かったトンビで「キュはまだ殺すな」という合図だった。
キュは、王の子ども世子と仲がいいので、生かしておく価値があるということらしい。

     タムナ11話ウィリアム

ウィリアムがそこへ到着したとき、強い雨が降り出す。

笠を脱ぎ、ボジンを見つめるウィリアム…
「ボジン、本当に…彼を選んだんだね。僕よりパク・キュを…」
涙を流すウィリアム。強い雨が彼の髪を染めた黒い染料と涙を流し落とす。




泣き出すボジン。ウィリアムを見つめるキュもつらそう。

そこへ官軍がやって来てウィリアムは囲まれる。
ボジンは泣きながら「キヤンダリ~」とお願いするが、彼にももうどうしようもない。

ハニャンに到着したキュたち。
キュとウィリアムはすぐに王に挨拶に伺い、ウィリアムはスパイでないとわかるまで
パク・ヨン(元はオランダ人)の家でしばらく観察されることに。
それまで命の心配はなさそう。

ボジンはボンサムに連れられて(タムナにも使いで来たことのある召使)、
キュの家に連れて行かれるが、ひどい格好のでせいでキュの母親に驚かれ、綺麗な服に着替えさせられる。

そして家に帰ってくるキュ。

 タムナ11話ボジン タムナ11話キュ









ボジンの綺麗な姿に思わず見とれるが、もちろん素直に褒めることもできず、
「馬子にも衣装というのにその程度か…」などと言ってしまう。
怒るボジンだが、そんな元気な姿を見てにっこりと微笑むパク・キュ。

しかし、話題はすぐにウィリアムのことへ。
「そんなにウィリアムのことが心配なら、どうしてあのとき戻ってきのだ?」と聞かれたボジンは、
顔を曇らせるが、ちょうどボンサムがやって来て会話を遮る。
キュは返事が気になり、後ろ髪ひかれるままにその場を後にした。

世子が帰って来た日。
キュも挨拶に出向くが、王と世子の関係は思わしくないよう。

部下たちも王の政治などの様子を見ていると心配がたえないようで、
ソリンに会って「開港」についての話を聞く。
しかし、領議政は「開港」などもってのほかと怒り狂い、ソリン商団も取りやめにしてやる!と言って出て行く。

タムナ11話ソリン

1度は謝るソリンだが、出て行った領議政を見つめる目が怖い…







次の日、パク・キュは新しい職場の監察として赴任。
そこでは、領議政様が殺された…といって朝から大騒ぎだった。
  
タムナ11話赴任するキュ

昨日会ったばかりの領議政がなぜ??と不審に思うパク・キュだった…



                                          ~第12話へ続く~






ウィリアムとパク・キュが2人とも切なすぎる~(>_<)!

ウィリアムもしかして怒るかな!?って心配したけど、やっぱり愛は本物だったね☆

てかもうそろそろボジンにどちらかに絞ってほしい!!笑
ウィリアムなのか、パク・キュなのか!!


あたしはもちろん…

 パク・キュ(イム・ジュファン)だあ~(>∀<)!!

年齢も近いし、最近はまりすぎて深夜はYOU TUBEとか見まくりですよ笑。

かっこよすぎる…あたしが知らなかった時代からかっこいいし、
「雪の女王」で出会えたことに感謝します(*^^*)☆

category
「タムナ~Love the island~」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/234-747e5c3e