FC2ブログ
ブログパーツ

TOKYO MX「パートナー」第9話(1/25放送分)あらすじなど☆

   ~第9話「幼少期の心の傷」あらすじ~

ヒス議員の弁護を担当するヨンウ(チェ・チョロ)から、裁判ではなく協議での解決を提案される
ウノ(キム・ヒョンジュ)・テジョ(イ・ドンウク)・ジョンウォン(イ・ハニ)。

ジョンウォンが1回の協議で合意できなければ、裁判にすると返事をして話し合いは終了。
しかし、ジョンウォンのヒスの妻ヨンスクへの対応が冷たい上に、考え方も違い、口論になる。
口の上手さから言えば、ウノに勝ち目はないのだが…

それを見たテジョはウノに向かって、先輩に向かってその口の利き方はないだろ、と止めに入る。

    パートナー9話テジョとジョンウォン

その帰りの車の中。
ジョンウォンから「ウノを私から守ったのね」と言われるテジョ。
テジョはウノの傷つく様子を見たくなかったようである…


ジョンウォンと一緒にヒス議員の秘書の事情聴取に出かけるウノ。
その帰りに、出所したばかりのジョンウォンの父が現れ、ジョンウォンから金をむしり取って行った…

協議の日、ヨンスクは夫の暴力を思い出して吐き気を催して、部屋を飛び出す。
ウノはヒスの暴力せいだと訴えるも、証拠の書類はあるのかと突っ返される。

「書類ですか?昔ある方が法律家として教えてくれました。書類ではなく人を見よ、と」
ウノが言ったことで、ジョンウォンもどこか納得したようで合意は決裂。

部屋を出て行ったヨンスクを追いかけたテジョは言う。
「ひどい親だ。子どもにつらい姿を見せるべきじゃない。引き取っても子どもを苦しめるだけです。
親に頼れないのは苦痛なんです。あの子の態度は、あなたのそういう姿を身続けてきたからでは?」

自分も幼いころに母親のそういう姿を見てきたテジョは、
セヒョン(ヨンスクの子ども)の気持ちが痛いほどに分かるのだった。

セヒョンの描いた絵から何か心理的な物が読み取れるかもしれないと考えたウノたちは、
この絵をプロに分析してもらい、裁判の利用しようと考えていた。

テジョのおかげで、ウノに本音を打ち明けてきたヨンスク。
「私は母親失格です。あざを気にして遠足にさえ行かないでいた。殴られたことを知られないように
あの子を遠ざけようとした。そのせいで、あの子は私に近寄れなくなったんです。自分のことでいっぱいで
あの子の傷に気づいてあげられなかった…」泣きながら話すヨンスクの顔は、まぎれもない母親の顔だった。

お金ほしさにジョンウォンの父親は、ヨンウを脅す。
それを知ったジョンウォンはヨンウの元へ駆けつけ、父親に怒りをぶつける。

ヨンウのおかげで助けられたジョンウォン。
最近しっくりきていなかったが2人だが、いつもの2人に戻りつつあるのか…

車でジョンウォンを送るヨンウの目の先にあるのは、ダッシュボードにあ置いてある「児童絵画 鑑定書」。
ジョンウォンはちょうど眠りについたところだった…

そのころ、ウノとテジョも一緒に車で移動中。
ウノはふ古い携帯を使っているようで、携帯の調子が悪い。
「買ってやるから新しい携帯を買えば?」とウノの携帯を車の外に投げるテジョ。

驚き、すぐに携帯を拾いに行くウノ。
ウノはテジョに泣きながら訴える。

     パートナー9話ウノ

「もう息子に父親の言葉を聞かせてあげられない。
死ぬ前に私とジェウォンに伝えたいことを保存していてくれてたの。
もうあの人に会えない。古い携帯を使っているのにはそれなりの理由があるのよ」

「ごめん…」しまった、という表情のテジョだが、取り返しはつかない。

ウノの義父は、ウノの事務所に来てPNC事件について調べていた。
この事件の相手は、テジョの父と兄がいるへユン法律事務所。
実はウノの夫の死は、病気だけではなくこの事件に原因があると、事務所長に話す義父だった。

いよいよ裁判の日。
ヨンウは、テジョに向かって「子どもの絵などが証拠になると思うか?」と問うが、
絵について知っているのは、テジョの他には、ウノとジョンウォンだけ…

「なぜ知ってる?」とテジョ。
ちょうど2人の話が聞こえたウノは、「ハン先生が言ったの?」

「私が何をやったって?」
そこへやって来るジョンウォン。

     パートナー9話4人

疑いの目を向けるウノとテジョだった…。

                                                  ~第10話へ続く~



絶対、ヨンウが車の中で盗み見したんだよね笑。
あんなところに置いておく方が悪いけどさ…。

ウノとテジョが、今回はあまり深い絡みがなくてさみしかった~(;-;)。
次回はありそうだね?

ウノの夫と関係ありそうだもんね??
PNC事件ってどんなのかしら???

次もとっても楽しみで~す(^ー^)!!

category
「パートナー」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/235-5a62b356