FC2ブログ
ブログパーツ

TOKYO MX「魔王」第13話(2/7放送分)あらすじなど☆


   ~第13話「僕の名前はスンハです」あらすじ~

タロットカードは送られてこないものの、オス(オム・テウン)の友スンギとソクジンに
何かあると睨む警察は、2人を調べることに。

ソラの母親は罪に苛まれていた。
「あなたのせいではない」と慰めるスンハ(チュ・ジフン)に、泣きながら答えるソラの母親。

「いいえ、私はあの人を殺したいと思っていました。毎晩のようにそう願っていたんです。
私はガス銃のせいであの人を…。いったいなぜ私をこんな目にあわせるの?
なぜ私にガス銃なんて送ってきたの?その人のせいで人殺しになったんです。
その人が憎らしい…」

その言葉に傷つき、胸を痛めるスンハ。
まるで自分がガス銃を送った人物であるよう…。

教会の告解室に姿を現すスンハ。
しかし、神父がやってきたときにはすでにその場を後にしていたのだった…

     魔王13話スンハ

オスは事件に関係のあるコインロッカーの現場でヨンチョルを発見し、
思わず掴みかかってしまう。
「やるなら人の手を借りないで、自分の手で殺せ!!」

そう怒鳴るオスに対してヨンチョルは
「お前は何も変わっていない。悪のままなんだな…」と言い残して去る。
そしてオスはまた自分自身がいやになり、苦しむのだった。

オスは例の本の間に挟まったタロットカードを持ってへイン(シン・ミナ)の元へ。
指紋などが発見されなかったので、残像を読み取ってもらいにきたのだ。

     魔王13話オス

少し体調の悪そうなへインを見て心配するオス。
しかし、眠れば元気になると、カードから読み取ったものについて教えてくれるへイン。
開店したばかりのコンビニに風船を持ったピエロ…
それを手がかりに捜査を開始するオス。

ソクジンは不倫について、スンギにいつばらされるか気が気ではなく、
ソクジンの彼女がオスの兄の妻だとわかったスンギは、素敵な笑みを浮かべ何かを考えている様子…。

へインはそのころ例の赤い本の残像を読み取ろうとしていた。
何度か挑戦したが上手く読み取れないため、再度試みることにしたのだ。
今回は何かが見えたが、力を使いすぎたせいで倒れこみ図書館の本棚にぶつかる。

それを偶然見かけたスンハは急いでへインに駆け寄り抱きかかえる。

     魔王13話スンハとへイン

病院へ付き添い、眠るへインを優しく見守るスンハだった…。

ピエロをも見つけ出したオスたち。
カードを送ったのは、前と同じ黒い手袋をはめ、
帽子をかぶり足を引きずり、話すことのできない人物だった。

へインを調べていた記者は、テフンの弟テソンの過去を調べており、
ひき逃げされた町まで来ていた。
そこで偶然テソンを知る老人に会い話を聞くと、
テソンは1人ではなく同じ歳くらいの男の子と一緒に行動していたと言う。

そして片方の男の子が亡くなってしまう。
残された少年を見かけた老人が話しかけると
「テソンは遠くに行ってしまいました…」と返事をされたが、そこで少し妙だと思ったと言うのだ。

なぜなら、そこに立っていたのがテソンだったから…
そこでもう1度「テソンはお前だろ?」と聞くとその少年はこう答えたと言う。

    魔王13話子どものスンハ

        「いいえ、僕の名前はスンハです」

                                                   ~第14話へ続く~


怖い…怖いですよね、わかっていても笑。

さて、だいぶ真相が明らかにになってきました!
これからのチュ・ジフンの演技に注目したいと思います★

それにしても、今回のスンハがへインに駆け寄るシーン…
「へインssi、へインssi!!」って、やっぱ甘えるような声でしたよね?
ジフニはこういう甘えた声の方が好きです(^ー^)☆

ではでは、次回もお楽しみに~~(^^)♪


category
「魔王」第1話~第26話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/249-3d5f3bd1