FC2ブログ
ブログパーツ

TBS韓流セレクト「パスタ」第8話(3/1放送分)あらすじなど☆

   ~第8話「新メニュー発表会」あらすじ~

「サボテンの花が咲きました」
そう言っていたキム・サン(アレックス)の言葉を思い出したユギョン(コン・ヒョジン)。
自分のロッカーに貼ってあるサボテンの写真はもしかして社長が!?と思い、サンの元へ向かう。

パスタ第8話キム・サンパスタ第8話ユギョン

ユギョン:サボテンの写真をロッカーに貼ってませんよね?

サン:ああ(若干、目が泳いでいる…)

ユギョン:本当に?

サン:ふん(曖昧に返事…)

ユギョン:わかりました。

サン:これは警告です。親しげにしないで。シェフに誤解されそうだから。私をひいきしたらお願い攻めしますよ。全部聞く度量がなければ、馴れ馴れしくしないで!

サン:(無言でユギョンを見つめる)

ユギョン:どうしたの?

サン:ひいきするよ。何でも言え。ひいき以外に何してほしい?

にこやかな笑顔のサン。
どうやらユギョンの願いを全部聞き入れる度量があるようだ。
何だか気持ち悪いユギョンは首をかしげて部屋を出て行くのだった。(ユギョン愛されてるなあ♪)

明日は新メニュー発表会。
ヒョヌク(イ・ソンギュン)の<カワハギのフォアグラ>と、
セヨン(イ・ハニ)の<三色パスタ>が新メニューとして紹介される。
しかし、それではシェフが2人になってまとまりが悪くなる…とみなはセヨンが来ることに大反対。

そのことでキム・サンとケンカしたヒョヌクは、キャバクラで飲んで酔っ払っていた。
がっかりしたユギョンは、ヒョヌクにはがんばってほしい…、と思い迎えに行くが全く効果はない。

帰り際に「俺の調理場に女は1人で十分だ!」と酔っ払いながらも言われたユギョンは、
怒りながらもちょっとうれしい気持ちで帰って、お店に行き下ごしらえを始める。

しかし、運悪く冷凍庫に閉じ込められてしまったユギョン。
携帯はキッチンにあるが、ドアが開かず出れないのだからどうしようもない。
そこで冷凍庫のスイッチを切れば、温度が常温になり死ぬことはないと思うユギョン。

だが、どうしても切ることができない。
スイッチを切れば、大事な明日の新メニューの食材はすべてパア。損害も半端ではないだろう。
何度もスイッチを切りたいという欲求に襲われ、でも切ってはダメだとコックの自分が言う。

翌朝、コックたちがお店に来て、冷凍庫の中でダンボールにくるまるユギョンが発見される。
しかし、冷凍庫のスイッチは切られており食材はほとんど全滅…

ヒョヌクはユギョンに向かって「なぜ凍死してない?コックなら凍死してるはずだ!」と叱る。
みなに迷惑をかけてショックなユギョンだが、どうすることもできずいつも通りに働く。

セヨン筆頭とした、コックたちのおかげもあって食材をかき集め、夜の新メニュー発表会は無事に終了。
ユギョンは1人、落ち込みながら帰っていると、ヒョヌクが「車に乗れ!」と言ってくるので
渋々乗り込むユギョンだが、入ったお店の食事が喉を通るはずもなく、すぐに帰ろうとする。

パスタ第8話ユギョンとヒョヌク
ヒョヌクに引き止められるユギョンだったが、ユギョンはヒョヌクの心がわからない。
「私がシェフに片思いしてると思ってばかにしてませんか?」思わず言葉に出してしまうユギョン。
ヒョヌクはユギョンのことをけなしたり褒めたりするので、落ち込んでいるユギョンにとっては
何が何だかわからず混乱してしまう。

そして「人の心をもてあそばないで!」と言い残して帰るユギョン。
2人はケンカ別れしてしまったのだった…

                                           ~第9話へ続く~


ああ、ユギョン…
ユギョンって主人公っぽくないから、たまにはこういう主人公いいですね(^∀^)★

引っ込み思案と思いきや、「片思いだ」って告白もしてるし、
社長にも釘をさせるくらいだしたいしたもんだ~!でも、たまにイライラするが笑。

今回は、ヒョヌクとユギョンのいいシーンがなかったので、明日はちょこっとでいいから
幸せな場面があるといいな~(・∀・)♪

category
「パスタ~恋が出来るまで~」第1話~第20話最終回(あらすじ)

Comment