ブログパーツ

「クリスマスに雪は降るの?」第16話最終回(テレビ東京3/24放送分)あらすじなど☆

クリスマスに雪は降るの?3話ジワン

想い出のシーン…2人が再会した場面ですね。今覚えば、本当にテジュンはひどい男だ笑。

では最終回どうぞ~。


   ~第16話最終回「愛してる」あらすじ~

ジワン(ハン・イェスル)と暮らすことを拒否して、ガンジン(コ・ス)と暮らすことを望むヨンスク。
ヨンスクが記憶を取り戻していることをしりつつも、ガンジンもそれを望んでいる。
ジワンはそれでも引っ越して一緒に暮らすことを断言して出て行く。

ガンジンがヨンスクの記憶が戻っていることをジワンに言わず悩んでいたことを知り、
「何で言ってくれなかったの?」とガンジンを責めながら泣く。
ジワンは自分に本当のことを言ってほしかったのだ。
抱き合うガンジンとジワンだが、その場を見てしまったヨンスクは、
「ジワンから離れて!」とガンジンに大激怒。

止めるジワンだが
「チュニが夫を奪った!ガンジンがジヨンを奪った!今度はあなたよ、許せるわけない!!」
やはり2人の仲は許すことができないヨンスク。

ガンジンがヨンスクと話したいと2人で部屋へ。
ジワンは部屋の外で話を聞いている。

クリスマスに雪は降るの?16話ガンジンとヨンスク

「僕にできることは何でもします。もう憎むのことはやめてください。
難しいでしょうがどうか僕を許してください」とガンジンは頭を下げる。

「許す?どうやったら満足してくれるのかしら?
ジワンと一緒にいたいから3年間面倒を見ていてくれただけでしょ」とヨンスク。

「1度はあきらめました。あきらめられると思って1度は別れました。
でもあきらめきれませんでした。3年経ってようやく気づいたんです。
1日何度も自分を責めました。ジワンのことをあきらめろ。妹として考えろ…」とガンジン。

ジワンは部屋の外で泣いていた…
「ジワンと逃げ出したいとも考えました。でも捨てられる辛さがわかっているから、
どうしても母さんを置いてはいけませんでした。
母さんはどんな気持ちで僕と一緒にいたかわからない。
でも、僕は母さんと一緒にいて、時には辛く悲しいこともありましたが幸せでした。
母さんの作るご飯、温かい手…本当に幸せでした」

泣き出すヨンスク。
「…いいわ。あなたを許す。全部忘れるから、ジワンはあきらめて。ジワンだけはだめよ」

クリスマスに雪は降るの?16話懇願するガンジン

「それだけはできません。それはできないんです。
もう離れられません。ジワンがいないと僕は生きていられません!」

泣きながら訴えるガンジンだったが、それでも許せないヨンスク。
「愛なんてなくても生きていける。
チュニのこともすべてを忘れるから、ジワンをあきらめて…」と言う。

ぼろぼろになりながら部屋を出て行くガンジンだった…

ジワンはチュニを訪ねてそこでぐでんでんに酔っ払い、
「愛がなくても生きていけますか?」とジワン。
「生きていけるわよ」と答えるチュニ。
ジワンを迎えにきたガンジンは、ジワンをつれて想い出の川辺へ行く。

眠るジワンを車に残し、
1人歩きながら初めてジワンと出会ったときのことを思い出すガンジン…
ジワンがやって来る。
「私たちもう会えないの?電話も?ごはんも一緒に食べられない?手もつなげない?」
ジワンを抱きしめるガンジン。

「もう抱きしめてももらえないのね…
それじゃあ、この言葉も言えなくなってしまう。愛しています。愛してるわ、ガンジン」

クリスマスに雪は降るの?16話ガンジンとジワン

2人はキスをする。
「幸せになろう…」そう言って2人は別れるのだった…

   ~それから1年後…(また1年経った~早いわあ笑)~

クリスマスに雪は降るの?16話ウジョンとテジュン

ウジョン(ソヌ・ソン)とテジュン(ソン・ジョンホ)は何だかいい感じ。また付き合うことになる。
ガンジンの弟プサンも前から付き合っているあの女の子が妊娠し、結婚することに。

ジワンはヨンスクと暮らし、ガンジンはチュニと暮らして普通に働いていた。
ガンジンはもうすぐ海外へ行ってしまうという。
同じ町に住んでおり、仕事の関係でたまにすれ違う2人。
しかし、目さえ合わすことはない2人。

そんな日は2人とも、隠れて大泣きするのだった。
それを知っているヨンスクとチュニは、
かわいそうでかわいそうで見ておられずとうとう親同士で会うことに。そして…

クリスマスに雪は降るの?16話ガンジンクリスマスに雪は降るの?16話ジワン

ガンジンがジワンと別れたあの川の橋を歩いていると、前からジワンが歩いてくる。

「この近くに住んでいるチャ・ガンジンさん知っていますか?
(ガンジンとは話さない約束なので…)
うちの母が海外に行く前にうちで食事はいかがですか?と伝えるようにと…。
何もお話がないならこれで失礼します…言いたいことはありませんか?
本当に言いたいことない!?…何も話すことがないようなのでこれで失礼します!…それじゃ」

何も答えないガンジンに、ジワンはふてくされて背を向け歩いて行ってしまう。

ガンジンは心の中でささやいていた…
「元気だったか?会いたかった。…よかった元気そうで。本当によかった。
昔に戻ってもう1度選択できるとしても、同じ道を歩いただろう。
目の前にいる彼女さえいれば、喜んで俺は同じ道を歩くだろう…」

そして、ジワンの背を見つめ、彼女のあとを歩いてついて行くのだった。

                                     ~第16話(最終回)完~


もし昔に戻れるなら…

  同じ道を歩いちゃいけないだろう(゜∀゜;)!!笑

            だって、何年無駄な時間を使ったことか!!!笑

でも、いいんです…

  コ・スかっこいいし、
     イェスルちゃんかわいかったからね(・∀・)★


こんな感じな最終回でしたが、みなさんはどんな風に思われたでしょうか?

       このあと2人には、もういい加減(笑)幸せになってもらいたいな~(^-^)☆





category
「クリスマスに雪は降るの?」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment