FC2ブログ
ブログパーツ

韓流セレクト「僕の彼女は九尾狐」第8話(TBS 4/5放送分)あらすじなど☆

  今回はテウンの笑顔がさえていました(゜∀゜)!

スンギくんそんな好きってわけでもないですが笑、
こんな笑顔を見ているとたまらないですね~(*^^*)♪♪


   ~第8話「歩み寄る心」あらすじ~

テウン(イ・スンギ)の言葉に
「そうだな。ずっと幸せに暮らしたんだ!」と笑顔で答えるミホ(シン・ミナ)。

2人はそのまま映画を見に行く。
デートだと思いうれしいミホだが、テウンは認めたくないようで
「これはデートじゃない。散歩だ!」などと言って、手もつないでくれない。

その日以来、距離の縮まった2人だが、テウンはミホを女性として意識してしまい、
「お前はクミホだから、優しくするな!俺を脅して肉をを食べるんだよ!!」
などと言って、わざと距離を置こうとする。

ミホはトンジュ(ノ・ミヌ)の元へ行き、
「テウンに人間になることを打ち明けた方がいいか?」などと相談する。

トンジュは今朝見た夢のせいで顔色が悪い。
それは恋人キルタルに「人間を好きになったから、私を殺してくれ」と言われ、殺してしまう夢…。

「人間になったからって好きになってもらえると思ってるのか?
自分でお金も稼げないのに」とトンジュ。
ミホはヨンジュを顔色が悪いことに気づき、手で頬に触れる。ドキッとするトンジュだった…。

ミホはテウンのために何かしてあげたいと思い、
ほしがっていたビデオカメラを買ってあげることに。
そのためには、人間らしく働いてお金を貯めなければ!!
と焼き肉店などでアルバイトを始める。

急に夜遅くまで帰ってこなくなったミホを心配するテウン。
帰ってきたかと思えばまたすぐに出かけて行ってしまうミホを見て、何だか不満な様子。

しかし、久しぶりに会うとミホが
「最近忙しくて会えなかったからさみしかったぞ!」と言うので、テウンはまんざらでもない。

そして、忙しかったのは自分のために働いてからだと知り驚くテウン。
「ほしがっていた物をやる!」と言われ、ビデオカメラだと気がつくが、
出てきたのはビデオカメラの広告の旗…。

僕の彼女は九尾狐8話ミホとテウン
あっけにとられるテウンだったが、自分のためにここまでしてくれたことが本当にうれしくて喜んでみせる。
その顔を見て、ミホもうれしそう。





へイン(パク・スジン)は最近テウンがミホにべったりなので、あまりいい気がしない。
テウンの叔母に、ミホの悪口などを告げ口するが、それをミホに知られてしまう。

悔しいへインは、最近テウンと普通に話せるようになったのをいいことに
自分のビデオカメラを買うついでに、テウン用のビデオカメラも買っていたので、
それをミホが気づくようにとわざわざ家まで宅配で送り届ける。

それを受け取ったミホは、テウンがほしがっていたのはあの旗ではなくて
このビデをカメラなのだとわかり落ち込み、旗を捨てる。

テウンはミホにお礼にと思って花束を買って帰るが、捨てられていた旗を見て
ミホが気がついてしまったこのだと悟る…

テウン:お前!素敵なものを捨てるな。

ミホ:好きじゃないだろ?

テウン:確かに最初見たときは好きじゃなかった。でもお前がくれたものなら好きになれる。
僕の彼女は九尾狐8話テウン
そして花束を渡すと、予想以上に喜ぶミホを見て胸が痛むテウン…

テウン:花が好きだったんだな。勘違いしてた。

ミホ:テウン…私のことまだ怖いか?

テウン:実はちっとも怖くない。

ミホ:今でも一緒にいるのいやか?

テウン:それは…いやじゃない。慣れたのかな。

ミホ:いつか私のこと…好きになれるか?お前と違っても好きになってくれるか?

テウンを見つめるミホ。
テウンは落ちてきた花びらを強く握りしめ、何か言葉を発しようとしたそのそのとき…

「お前たちはダメだ別れろ!!」
いい雰囲気のところへ割り込んできたのはテウンの祖父だった…

                                      ~第9話へ続く~


やっとテウンとミホの心が近づいたいい感じのシーンだったのにね~。

でもほんとよかったです、この最後のシーン(・∀・)!! 

                         次回も楽しみ~(>∀<)♪


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
よかったらポチリっ♪とお願いいたします。
category
「僕の彼女は九尾狐」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment