FC2ブログ
ブログパーツ

「三国志」第1話&第2話(フジテレビ4/4深夜放送分)あらすじなど☆

三国志第1話2話の呂布
曹操(そうそう)に駿馬を渡す呂布(りょふ)。
このときは、まさか曹操が呂布の義父董卓を殺しにきたとは考えもしなかった。

→個人的には、呂布にけっこう合ってると思います。じゃっかん若い気がするけど、
好青年ぶりもいい感じ!夫にちらっと見せたら不満げでしたが笑。



三国志第1話2話の貂蝉
父の王允(おういん)をかばおうと必死の貂蝉(ちょうせん)。

→ここで呂布と出会ったことで、後々愛し合う関係になるはずなので、印象的に描かれていたと思います。呂布が見つめすぎ笑。あと、個人的に貂蝉はもう少し若い子がよかった~!ひどいかな笑。



   ~第1話「曹操、刀を献ず」&第2話「曹操、亡命す」あらすじ~

王允(おういん)に董卓(とうたく)を殺すよう言われた曹操は、
家宝の刀を預かり暗殺に向かう。
そこで、董卓と、その義息子・呂布に初対面を果たす。

駿馬を探すため呂布が退場したのち、董卓がつい寝入ってしまう。
そのすきに例の刀で董卓を殺そうとしたが、見つかってしまう。

慌ててその刀は董卓に献上するために持ってきたとごまかし何とか事なきを得た。
帰りに、呂布から駿馬をもらい、ばれるのは時間の問題だとそのまま逃げ始める曹操だった…

よくよく考えて殺されろうとしていたことに気がつく董卓。
翌日、曹操をけしかけた内通者がいる、と全員の前で発表。

王允は董卓が死んだものだと思っていたため、驚きを隠せない。
誕生日にも董卓だけを呼ばなかったので、疑われていることこの上ない。

家に帰り自殺しようとしていると、義娘の貂蝉(ちょうせん)に止められ、
自殺すれば罪を認めたことになると言われ、この世にとどまることに。

次の日、董卓の命令で曹操を探しに王允の家にやってきた呂布は貂蝉と出会う。
(お互い何かを感じているような印象的なシーンである)

そのころ、劉備・関羽・張飛は義兄弟の契りを結んでいた。

曹操は、逃げたが途中で捕まってしまう。
しかし、そこの王である陳宮(ちんきゅう)も実は董卓暗殺を考えており、
志を同じくする曹操を尊敬し、国を捨てて行動を共にする。

伯父である呂伯奢(りょはくしゃ)に助けてもらうため、その国でかくまってもらえることになった2人。
陳宮は本当に信用できる人物か心配だったが、「自分を信じられなくても呂伯奢は信じられる!」
と曹操のお墨付きだ。

しかし、2人が部屋で休んでいると、外で刀を研ぐ音が…。
不審に思った陳宮は、寝ている曹操を起こし伝えると、「殺される前にやってしまおう」と
2人で外にいた村人たち女でも構わずにめったざしにして殺しまくる。

だが、途中で陳宮は気がついた…納屋に足を結ばれた豚がいることに。

「豚を切るつもりだったのか!」
(曹操のズームドーン!←思わず笑っちゃった)
曹操は自分の勘違いだったと気がつくが後の祭りだ…

                                      ~第3話へ続く~


簡単な本で読んだことあるので、流れはわかっていましたが
思わず最後は笑っちゃいましたf(^^;)。

命がかかっているから2人ともかなり真剣に村人殺してるんだけど、
「豚のせいかよ!」って笑。

豚1匹のために、罪のない人たちを殺しまくっちゃったから余計に。


あと、どうしても「三國無双シリーズ」のキャラと比べてしまいますね(^^)。
曹操はもう少し凛々しいイメージで、貂蝉はもっと若くてかわいいイメージでしたが、
それ以外はなかなか納得~(゜∀゜)。

ごつさはないけど、こういう呂布でも私はOKって思ったし!!

さて、次回もなんやかんやで楽しみです(*^^*)。
吹き替えしかないけど、この作品はそれも悪くないなって思いました★

category
「三国志 Three Kingdoms」第1話~第18話第1部最終回(あらすじ)

Comment