ブログパーツ

TOKYO MX「魔王」第23話(4/18放送分)あらすじなど☆

   ~第23話「目に見えるものと見えないもの」あらすじ~

ヘイン(シン・ミナ)は、スンハ(チュ・ジフン)の正体に気がついた。
確証を得るため、スンハの兄にスンハの子ども時代の写真を見せてもらう。

すると、彼はヘインが子どものころにCDショップの前で会った少年だった。
へインの想像は確信に変わり、涙が溢れる。

オス(オム・テウン)に電話して、「テソンが生きていても犯人と言えないのでは?」と
一縷の望みに願いを託すも、オスに否定されてしまう。

ソクジンの弁護をスンハが担当することになり、驚くオス。
兄ヒスに電話してやめさせようとするが、
スンハが犯人だと言えるわけもなく、仕方なく受け入れる。

ソクジンとナヒの不倫関係を知っているヒスは、
すべてを忘れて夫婦でしばらく海外へ行こうとナヒを誘う。
そのときナヒに電話が来て、ソクジンのアリバイになるため、
電話の内容などを問われる。
夫にばれてはいけないと言う思いと、ソクジンを心配する思いの板ばさみ…。

へインに会いに図書館近くまで来たスンハだが、思い切れず帰ろうとするが…
「私に会いに来たんですか?」とへインに見つかってしまう。

魔王23話手をつなぐスンハとへイン
「近くまで来たついでに…昨日は驚かせてすみません」そう言うスンハの手を
いきなり握り、
「謝るときは口だけじゃなく、行動で示さないと。食事とか映画とか目に見える形で…」
2人はデートにくりだし、スンハも今までの曇った顔が嘘のように楽しそうに微笑んでいたのだった…。


スンハの事務所の事務長チャ・ガンドゥも真相に気がつき、
スンハの姉スンヒに会いに行き、
「真実を知っているなら、彼を止めてください」と懇願する。

スンハがへインの家に会いに行くと、
「具合悪そうにしていたのに、突然いなくなった」と心配するへインの母。

すぐに教会へ探しに行くと、へインはひっそりと椅子に座っていた。

スンハ:(心底ほっとした様子で)本当に心配しました。お母さんも心配しておられましたよ。

へイン:気がつきませんでした。
     私に傘をくれた男の子の後姿が先生(スンハ)に似ていることに。
     気がつきませんでした。あんなにさびしそうに見えたのに、疲れて見えたのに…
     背中に真実が見えたのに気づかないなんて…

      かなり動揺し、目が泳ぎだすスンハ。

へイン:誰よりもあなたが一番つらいのはわかります。どんなにつらく悲しくても
     もう自分を止められないあなたが…それでも出てこなきゃどんなに大変でも……
     暗いトンネルから出てこないと精一杯力を振り絞って歩くんです!

スンハ:…何の話ですか?

へイン:(目にたまっていた涙が溢れ出す)私が一緒です。
     私がそばにいます、私が…。チョン・テソンさん……

魔王23話スンハ

スンハ:僕は誰の手も必要としない(やはり目には涙が浮かんでいる)。君が見たものは証明できない。12年前と同じように今度も君は何も証明できないんだ。



     
振り返ったスンハの顔は険しい。その背中に抱きつくへイン。

魔王23話へイン魔王23話スンハとへイン

へイン:お願い、もうやめて。もうやめて…

      苦痛に顔をゆがめ、目を閉じるスンハ。

へイン:自分を捨てないで…

      へインの手をふっくりと振りほどくスンハ。

スンハ:僕は希望なんてものは信じない。
     …通り過ぎる道は2度と振り返らない。


ゆがんだ険しい表情のまま涙をこらえ、歩き去って行く。
残されるへインはただ泣くばかりだ…。
                                    ~第24話へ続く~


   このシーンやばいよ~~~~(TдT)!!!

今回はヘインとスンハのためのお話でしたね(゜∀゜)!?

ヤバいよ…ヤバすぎる……
  ヘインとスンハのカップル本当に好き(>∀<)☆

ヘインの前のスンハの甘えるような優しい声がたまらんわ笑。
後半がやっぱりいい★

本当だったら全20話なのですが、カットとかあまりしないように
話数を増やして放送してるみたいですね。

24話で最終回か!?とか思ったのですが、番組表に(終)の文字はなし…
いつが最後になるかめっちゃドキドキしてます(・∀・)。

最終回が来れば、シン・ミナちゃんと会えなくなるのがさみしいですが(;;)。


category
「魔王」第1話~第26話最終回(あらすじ)

Comment