FC2ブログ
ブログパーツ

「三国志」第10話(フジテレビ 5/30深夜放送分)あらすじなど☆

   ~キャスト~

曹操(チェン・ジェンビン)

劉備(ユー・ホーウェイ)・関羽(ユー・ロンクァン)・張飛(カン・カイ)

董卓(リュイ・シャオフー)・呂布(ピーター・ホー)

王允(チェン・ティエンヨン)・貂蝉(チェン・ハオ)

袁紹(シュー・ウェングァン)

孫堅(ファン・ユーリン)・孫策(シャー・イー)



   ~第10話「董卓の死」あらすじ~

董卓(とうたく)と呂布(りょふ)が貂蝉(ちょうせん)という女性を
奪い合い争っていると噂で聞き、王允(おういん)のもとを訪れたのは陳宮(ちんきゅう)。

陳宮はかつて、曹操(そうそう)を敬い行動を共にしていたが、
曹操の卑劣さを目の当たりにし逃げ出した過去を持っていた。

そして、主君を求めて旅をしたときにこの噂を聞きつけ、
貂蝉が旧友王允の娘だと思い出し、
王允の仕組んだことだとすぐに気がつき訪ねてきたのだった。
2人は再会を喜び合い、董卓を倒すためには呂布の力が必要だと再確認し合う。

三国志10話の呂布
そこへ呂布が血相を変えて王允を訪ねてくる。
2人は貂蝉のためだと呂布を説得して、天子の勅命を利用して董卓を打つことを提案。

呂布も貂蝉のためだとその作戦を受け入れるのだった。



そんなことは何も知らない董卓だが、
皇太后から病気の天子に代わって皇帝の座を譲る、と言われ大喜び。

いよいよ皇帝になる日、万楽宮(まんらくきゅう)にやって来た董卓だったが、
そこに待っていたのは王允。
王允は天子からの偽の勅書を読み上げ、「逆賊の董卓を打て!」と言った瞬間、
赤兎馬に乗ってやって来た呂布が一瞬で刺し殺す。

そして、王允は朝廷の大使、呂布は忠義公に任命される。
これで呂布はようやく貂蝉を手に入れることができた。

董卓の手下の李カク(りかく)と郭シ(かくし)が10万の兵を引き連れて逃亡。
陳宮はこのまま逃がすのが最善だと助言するが、王允は恨みが深いため、
逃げ道を塞ぎ、追いかけて殺したいと言う。

2人は西涼(せいりょう)の猛将である上、
12万の兵と今戦っては難しいと止める陳宮だが、王允は全く聞き入れようとしない。

三国志10話の王允

しかしそれが仇となり、李カクと郭シに長安を攻められ、
王允は天子を助けてくれるという条件を飲み、城の上から飛び降り殉死する。





天子は捕らえられ、長安は火の海だという連絡を陳宮から受けた呂布。
すぐに助けに向かおうとするが、間に合わない。
それより南下して足場を築き、領土を広げて天下を狙おうと陳宮に助言され、
決心をした呂布は貂蝉を連れて南下する。

北の袁紹(えんしょう)・東の袁術(えんじゅつ)、
そして曹操(そうそう)軍に挟まれている徐州(じょしゅう)。
兵力が弱く、いつ攻め込まれてもおかしくない状況でびくびくしながら暮らしていた。

そこへもっとも勢力のある曹操の父親が訪ねてくるが、
なんと徐州を治めるが、病に伏せっている陶謙(とうけん)の家来・張ガイ(ちょうがい)が
金品などに目がくらみ、曹操の父親を殺してどこかへ逃げてしまった。

その話を聞いた陶謙は、間違いなく曹操に攻められ国が滅びてしまうと思い、
気を失って倒れるのだった…。

                                         ~第11話へ続く~

董卓は最悪なやつでしたが、死ぬところは一瞬でしたねf(^^;)笑。
しかも、王允も死んじゃってやっぱり一瞬でした…。

歴史ドラマだからこんなものなのかな??
いや、呂布に重きを置いてるはずだから、

 呂布の最期のシーンはちゃんとやってくれるはずッ(゜∀゜)!!
 
                        期待しているので、お願いしますね~(^^)★


category
「三国志 Three Kingdoms」第1話~第18話第1部最終回(あらすじ)

Comment