ブログパーツ

「三国志」第13話(フジテレビ 6/20深夜放送分)あらすじなど☆

   ~キャスト~

曹操(チェン・ジェンビン)・曹仁(ヤン・グァン)・荀イク(リー・ジェンシン)

劉備(ユー・ホーウェイ)・関羽(ユー・ロンクァン)

張飛(カン・カイ)・趙雲(ニエ・ユエン)

呂布(ピーター・ホー)・貂蝉(チェン・ハオ)

袁紹(シュー・ウェングァン)

孫堅(ファン・ユーリン)・孫策(シャー・イー)



   ~第13話「曹操、皇帝を傀儡とす」あらすじ~

密書は、天子からの詔(みことのり)だった。

何と死んだ董卓(とうたく)の元配下の李カク(りかく)と郭シ(かくし)が、
天子を奪い去り反乱を起こしたというのだ。

さらにその後に2人の間で争いが始まり、
命からがら天子は洛陽に逃げたが、都である長安はボロボロで水も食べ物もなく、
逃げた洛陽も同じであった。
こんなチャンスはないと天子を助けに行くことに決めた曹操(そうそう)。

袁紹(えんしょう)も天子に近い場所におり密書も受け取ったのに、
結局詔の内容を無視して助けに行かないことに。
この話を聞き「愚かな…」とほくそえむ曹操。

見事に天子を助け出した曹操は、献上物として、「肉の汁物」を差し出す。
なぜなら、食べ物飲み物が底をつき、
天子が空腹であることは間違いないと考えたからである。

三国志13話の天子

天子に喜ばれ、褒美として大将軍に任じられる。
天子は、曹操が自分を利用するために側に置いていることに気がつくが、
後の祭りであった…。

                                      

曹操はさっそく天子に詔を出してもらう。
それは袁紹(えんしょう)や袁術(えんじゅつ)などの近隣諸国を統治する者への
昇進の詔…。

しかしこれには裏があった。
この詔を受けなければ、「朝廷にはむかうのか!?」と文句を言えるし、
詔を受ければ「それでは、国のために資金を寄付しろ、土地を割譲しろ」などと
よくない命を下される。

詔を受けた袁紹やその他の武将たちも、曹操の考えに気がつき
渋々昇進を受け入れるのだった。

さて、徐州の劉備(りゅうび)が気になってしょうがない曹操。
劉備と呂布(りょふ)が仲たがいをしてくれるようずっと待っていたが、
2人は未だに仲たがいをしておらず、曹操の苛立ちはおさまることがない。

そこで軍師である荀イクは策を授ける。
劉備に天子からの詔を送り、密命として袁術を討つように命じる、というものだ。
天子には向かうという袁術を、漢室の末裔である劉備が許すわけないという
考えからであった。

さて、詔を受けた劉備はこれからどういう行動に出るのだろうか…。

                                        ~第14話へ続く~



天子役のルオ・ジンちょっとかっこよくないですか(゜∀゜)!?

すみません。。
1人で盛り上がっちゃいました笑。

さて、劉備の出かたがきになりますね!
あとは呂布との関係もどうなっているのか…もうすぐ1部が終わっちゃう……

   呂布~(ToT)!!




category
「三国志 Three Kingdoms」第1話~第18話第1部最終回(あらすじ)

Comment