ブログパーツ

「新ビバリーヒルズ青春白書 シーズン2」第10話(NHK教育 8/6放送分)あらすじなど☆


   ~第10話「さよならを言うとき」~

シルバー(ジェシカ・ストループ)とジャッキーの楽しいパーティーの夜明け…。
シルバーが目覚めるとジャッキーの意識はなかった。
救急車で病院に運ばれ、なんとか一命はとりとめるが、心臓が弱っていてもう長くはない。

シルバーはケリーに、何かある前にジャッキーと話すよう促すが、
ケリーは母親の今までのひどい仕打ちを許すことができず、どうしても会いにいけない。

そんなある日、ケリーが病院へ行くと、ジャッキーの病室がもぬけの殻…。

ケリーは母親が死んだと思い、最後の別れができなかったことを後悔する。
しかし、実は個室に移っただけだとわかり、
会いにいく決心を固めジャッキーの病室へ向かうケリー。

新ビバヒル2の10話ジャッキーとケリー
中へ入り久しぶりに顔を合わせる2人。
「あなたと話すまでは死ねないと思ってた」とジャッキー。
ケリーもようやく本音を話し、「ママを許す」と胸一杯の気持ちを伝えたのだった。




すでにアニー(シェネイ・グライムス)の部屋にそっと泊まりに来るまでの
関係になったジャスパー(ザッカリー・レイ・シャーマン)。

アニーはボーイフレンドができたと両親に報告し、ジャスパーを夕食に招待する。
ところが、ジャスパーが来る直前にディクソン(トリスタン・ワイルズ)が
ハリーとデビーに「ジャスパーは薬の売人だ」と告げ口。

新ビバヒル2の10話ジャスパーを出迎えるハリーとデビーとアニー
一気に両親の雰囲気が悪くなったところにジャスパーが登場。
食事会はジャスパーの印象が悪いまま終わり、
アニーも付き合いを認めてもらえない。





リアム(マット・ランター)をどうにかしてジェンから救おうと、
あれこれ画策するアイヴィー(ジリアン・ジンサー)やテディ(トレヴァー・ドノヴァン)たち。

張本人ジェンは、ライアンに合わせて庶民的なキャンプに出かけていた。
セレブのような生活のジェンと比べ、庶民派ライアン。

途中雨に降られたり、ジェンが実は既婚者で夫に浮気され、
破産までしていたことを知ったり、嵐のようなキャンプになるが、
ジェンの全てを受け入れようとするライアンにジェンは心を動かされたようにも見える。
意外なカップルと思いきや、距離が縮んだように見えるこの2人の今後の展開に期待。

ナヴィド(マイケル・スティーガー)はエイドリアナ(ジェシカ・ロウンズ)が
再びドラッグに手を出しているとナオミに教える。
驚いたナオミは直接エイドリアナに事実を確認するが否定されてしまう。

ナオミ(アナリン・マッコード)はジェイミーといい仲になっていたが、
大学進学のためにリチャードを利用しようと思って付き合っていた事実を知られ、
別れを切り出される。

ショックのあまり、リチャードに本当のことを話した素直なナオミ。
大学に自力で行こうとナヴィドの率いる部活に入れるようにも懇願。
そのために段ボールに入ったビデオ関係の荷物整理を手伝わされることに。

当然のように遅刻してやって来たナオミは、偶然荷物を運ぶリアムに会い、
ダンボールを運ぶのを手伝う。

新ビバヒル2の10話リアムとナオミ
そのときリアムは手を痛めてしまい、氷で冷やしてあげるナオミ。
そんなナオミを見てリアムは
「プロムの夜のことは本当に悪かったと思ってる。ごめん」と謝る。
ナオミは何かしら感じているようだが…。



ジェイミーは正直にリチャードに話をしたナオミを見直し再度交際を求める。
しかし、ナオミはリアムを忘れられない自分に気がつき断る。

新ビバヒル2の10話ドラッグを見つけるナオミ
ジェイミーを振ったナオミは、
リアムを選んだ自分を信じられずエイドリアナに報告に行くと…。
そこで見たのはドラッグをバックに隠し入れるエイドリアナの姿だった。




学校内で携帯を見ながらジャスパーは誰かを待っているよう…。
ナヴィドが歩いてくると、柱の影に隠れるジャスパー。
新ビバヒル2の10話階段からつき落とされたナヴィド

そしてナヴィドが階段を下りようとしたその瞬間、
ジャスパーはナヴィドに体当たり!
ナヴィドはそのまま階段を転げ落ち、意識を失った…。

                                          ~第11話へ続く~



   ナヴィド~~~(゜д゜;)!!!


大丈夫ですかね(>_<)??
しかもジャスパー
   
かなり本気でつき落としにかかりましたね???苦笑


  続きは今夜です!録画や視聴でお見逃しなく~~~~(^∀^)!!


category
「新ビバリーヒルズ青春白書 シーズン2」第1話~第22話最終回(あらすじ)

Comment

扇風機3台態勢で暑さを…(;´∀`)

こんにちは!( ^ω^ )

ジェン&ナオミ姉妹がなんだかいい子ちゃんになっちゃってカワイイと思っているあろおです。

ひょっとしたらナオミは将来的に大化けするキャラなのかな?と期待を抱いてしまいますね。
なにしろ、旧ビバ後半で主役を張り、新ビバではすっかり落ち着いた大人の女性になっているケリーだって、旧ビバ初登場時は買物狂い&軽薄なド派手ブロンド美少女に過ぎませんでしたから。
当時のことを思うと、いまの状況なんて夢のようですよ!

さて、ジャスパー君はなんだか危なくなってきましたね~。これからいったい、どうなっちゃうのでしょうか!?
いよいよ目が離せませんね!


>ビバヒルは本来こんな感じなんですね!?
>では、なかなかこういうシーンが少なくて淋しいのではないでしょうか…(・・)。

→ そうですね…(;´∀`) もともとドラマの構造が異なっている影響もあると思います。
旧ビバは連続ドラマとはいえ、

(1)シーズンを通したテーマの上に(例:ケリーとブレンダがディランをめぐって対立関係にある)、
(2)毎回完結するストーリーが乗っかっていて(例:その回限りのゲスト出演者が登場し、問題を起こし、友達関係に危機が訪れるが、パパやママ、ナットさんのアドバイスを受けてみんなで解決して仲直り)、
(3)それが(1)の流れに影響を与える(例:ケリーがブレンダの心境をちょっとだけ理解して話が進む)、

というような感じになっています(デス妻に似ていますかね?)。なので、“こういうシーン”が毎回あったのですよ、いや、懐かしいです!( ^ω^ ) 

反面、新ビバは間違いなく「連続ドラマ」であるため、なかなかそういう場面はつくりにくいのかもしれませんね。
ただ、ディクソン家の兄妹や親子間、アニーとナオミたちとの会話すら、数回にわたって皆無という状況が何だかさみしくて…(´;ω;`)

では、また!(´∀`*)ノシ
  • 2011⁄08⁄13(土)
  • 18:59

うちはもうエアコンに頼りきりです苦笑。。

あろおサン、こんばんは(^^)!!

> なにしろ、旧ビバ後半で主役を張り、
>新ビバではすっかり落ち着いた大人の女性になっているケリーだって、
>旧ビバ初登場時は買物狂い&軽薄なド派手ブロンド美少女に過ぎませんでしたから。
>当時のことを思うと、いまの状況なんて夢のようですよ!

え~~(゜∀゜)!!
ケリーもそのタイプですか??
ブレンダがそっち系かと勝手に妄想してました。。

> さて、ジャスパー君はなんだか危なくなってきましたね~。
これからいったい、どうなっちゃうのでしょうか!?
> いよいよ目が離せませんね!

彼は最後の最後まで本当にすごいです。存在感があります。
シーズン2にゲスト出演っていうのがもったいないくらいです♪
かと言ってレギュラーは無理だと思いますが笑。

>(1)シーズンを通したテーマの上に(例:ケリーとブレンダがディランをめぐって対立関係にある)、
>(2)毎回完結するストーリーが乗っかっていて(例:その回限りのゲスト出演者が登場し、問題を起こし、友達関係に危機が訪れるが、パパやママ、ナットさんのアドバイスを受けてみんなで解決して仲直り)、
>(3)それが(1)の流れに影響を与える(例:ケリーがブレンダの心境をちょっとだけ理解して話が進む)

なりほど!
本筋がきちんとあってそれに沿って話が進むわけですね(・∀・)。
わかりやすいご説明ありがとうございます★

第11話はもうごらんになりましたか?
スッキリされたのではないでしょうか(^∀^)!!
  • 2011⁄08⁄14(日)
  • 20:06
  • [edit]