ブログパーツ

「ドリームハイ」第12話あらすじなど☆

   ~第12話「舞台への問いかけ」~

ドリームハイ12話ベクヒ

ヘミは、辞めさせられそうなベクヒのためにグループKとの契約を断る。
ベクヒ(ハム・ウンジョン)は「まさか…」と驚きを隠せないが、ほっとする。



面接にやって来たオヒョクは見事に合格し、教師に復帰!

みながショーケースに向けてがんばっているとき、
なぜかサムドンはショーケースに出ないと言う。
ヘミが理由を聞いても決して言おうとはしない。

グループKはショーケースでいい成績を残したものがソロデビューをすることに。
ベクヒは、あの盗作した曲を使うようにと言われ居たたまれない気持ちになる。

ヘミが部屋の掃除をしていると、サムドンの処方箋を発見。
ネットで調べると、聴力が減少する耳の病気だとわかる。
そこへサムドンがやって来て処方箋を取り上げる。
ドリームハイ12話自分を助けたせいで…?と思うヘミドリームハイ12話ヘミの声が聞こえないサムドン
「耳がどうかしたの?それあなたの?」とヘミ。
「そうだ。俺のだよ」と答えるサムドン。

「それ、私を助けようとして頭を怪我したせい?」
「違う」
「ほんと?私のせいじゃない?」

突然サムドンの様子がおかしくなる。どうやら耳が聞こえなくなったらしい。

「…違う」戸惑いながらも答えるサムドン。

「何が原因?いつから?」
「…違う」ヘミが何を言っているかわからないが、それでも答えるサムドン。

「今、ちゃんと聞こえてる?」涙を浮かべて尋ねるヘミ。
「(聞こえていないのにヘミの涙を見て)違う!」と懸命に答えるサムドン。

「…サムドン、サムドン」
ヘミはサムドンの耳が聞こえていないことがわかり、さらに涙を流す。。

「言っただろ。俺と一緒にいたら後悔するって。俺は話したくなかったのに。
こんな姿、誰にも見せたくなかったのに…」

ヘミはサムドンの手を取って泣きじゃくる。
そこへオヒョクとギョンジンがやって来る。

オヒョクはサムドンのために、病気について調べて励ますが
サムドンにあまり効果はない。

それでも、ショーケースに出る決心をしたサムドン。
ヘミは喜ぶが、これはサムドンの賭けだった。
舞台に問いかけ、耳鳴りもせず上手く歌えてスカウトの声があれば音楽を続け、
そうでなければ音楽を辞めると言うのだ。

ショーケースの当日。
ベクヒは、盗作した曲で歌を歌うが、聞いている人たちにもばれてしまい、
自分でも歌い続けるのが苦しくて途中で止めてしまう。

ドリームハイ12話ショーケースで耳が聞こえないサムドン
いよいよサムドンの出番。舞台に上がる
ピアノの方を見て何やら確認するサムドン。
突然サムドンの耳は聞こえなくなってしまったのだった…。

                               ~第13話「友情のメッセージ」へ続く~



ヘミとサムドンの「私のせい?」「違う!」のやりとりのシーンがすごく好きです。
ヘミの涙がすごく印象的で、サムドンの優しさも伝わってきて…(*^^*)。

結局、頭の怪我とは無関係だからヘミのせいでも何でもないんだけどね笑。



category
「ドリームハイ」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment