ブログパーツ

TBS・韓流セレクト「雪の女王」第5話(11/24放送分)あらすじなど☆


今日は死ぬほど日記書いてやろうと思ったけど、結局子どもが暴れだして進まず。。
こんな元気なら仕事休んだのちょっともったいなかった。。

って気を抜いて仕事行ったりすると、
すぐにお迎えコールとかくるからやっぱ病院行ってよかったかなあ、一応f(^^;)。



 ~第5話「2度の過ち」あらすじ~

ドック(ヒョンビン)が、8年前のあの青年だと気がついたボラ(ソン・ユリ)。
ラップランドで待ちぼうけをしていた自分を思い出す。

今日はボラのレポートの発表だったが、ドックが書いたレポートだったため
心配で教室に忍び込んだドック。
ボラは正直に自分が書いていないことを先生に言い、罰として前で歌うことになったが
身代わりとしてドックが率先して歌うことに。

その帰り2人で歩いていると突然ボラが倒れる。
慌てて病院へ運び込みむと、ゴヌ(イム・ジュファン)に
ボラは「筋無力症」という持病があると教えられる。

ボラは治療を拒否して帰るが、ゴヌが引き止める。
余命わずかでも生きようとしている人はたくさんいる。君はわがままで勝てすぎる、と。

ボラは答えた。
怖いの。15年も治療を続けているのに未だに病院へ来るのが怖いの。
余命の少ない人と比べれば確かに私は幸せなほうかもしれない。
でも、そうやっていくら慰めても、病院が怖くて嫌なのは変わらない。

すると、ゴヌは強く言った。
僕が力になる。怖がらなくて済むように一生守ってあげる。

ゴヌに好意を持つボラであったが、その気持ちは受け止められない。
彼にはもっといい人がいる、と心で思っている。

自分は一生結婚しない、と答えるボラ。

一方、借金返済のお金を渡しても、母親と全くうまくいかないドック。
悩んでいると、ボラが助言する。
8年も会ってなかったんだから当然のこと。何度でも会いに行けばいい、と
それで決心したドックは、毎日母親に会いに行く。

父親の見送りで空港まで来たボラとドッグ。
その後でたまたま、
8年前のラップランドで女の子と待ち合わせの約束をした話をしだすドック。

なぜ待ち合わせ場所に行かなかったのかとボラに尋ねられ、忘れたというドック。
本当は友人の死をどうしても言いたくなかったのだ。

しかし本当の理由を言わない、ドックに腹を立てたボラは飛行機の場所まで走り出す。
忘れたですって?名前を聞くって言ったじゃない!
私の名前はボラ。キム・ボラよ!!

何度叫んでも、飛行機の音でドックの元へその声は届かない。

ある日、ドックに自分のことを思い出してほしいボラは、
ラップランドで会う約束をする。今回は必ず来て、と。

しかし、ゴヌと連絡を絶っていることを知っているドックは
ゴヌにラップランドまで行かせる。

怒るボラ。同じ間違いをする人は最低!と。
この言葉で何か思い出したようなドック。

ボラに何と言われてもあきらめきれないゴヌ。
その気持ちがうれしいボラは不安ながらも、
まだ愛していない。それでもよかったら付き合わない?と自分から言うのだった。


                                          ~第6話へ続く~



今回はいいシーンが多すぎて長くなりました。。
本当にいいシーンが多かった(*^^*)☆

      ゴヌよくがんばった~いいやつだッ(>∀<)!!


category
「雪の女王」第1話~第16話最終回(あらすじ)

Comment

Trackback

http://swimy49.blog137.fc2.com/tb.php/50-fbcc6a06