ブログパーツ

「新ビバリーヒルズ青春白書 シーズン2」第14話(NHK教育 2011/9/3放送分)あらすじなど☆

今回もナヴィド出演なかったですね(゜∀゜)!?
コカイン所持の停学処分みたいな感じらしいけど…彼には何かあるね笑。

   ~第14話「ガール・ファイト」あらすじ~

アニー(シェネイ・グライムス)は仕方なく、
ジャスパー(ザッカリー・レイ・シャーマン)との交際を続けていた。
ナオミたちと話をしていても、影でその様子を伺っているジャスパーに
心の休まる気がしないアニー。

ジャスパーは昔のように接してくれないアニーを見て、
自分の家に来るよう脅して約束を取り付ける。

ジャスパーの家。
「僕たちの絆が無くなってしまったのは、最近1つになってないからだと思うんだ。
絆を取り戻すために1つになろう。セックスをするんだ」
(キモ~い!その考えはどこからくるの(>_<)??)

アニーは無理やり抱かれそうになるが、ついに我慢の限界!
新ビバヒル2の14話セックスを拒否するアニー新ビバヒル2の14話アニーを見つめるジャスパー
「あなたとセックスなんかできない。警察に言いたいなら言えばいい!!
でも、それはできないはずよ。100万に1つでもあるかもしれない可能性を
永遠に失うことになるから」
そう言って部屋を飛び出す。
そんなアニーをもの惜しげに見つめているジャスパーだ…

エイドリアナ(ジェシカ・ロウンズ)とジアは、恋人を失ったもの同士で仲良くしていた。
ジアは元彼女アレクサから、よりを戻したいと言われるが断る。
そして向かった先はエイドリアナの元…。
ジアのエイドリアナを見る目は少し妖しい気がするが、勘ぐり過ぎだろうか。

ナオミ(アナリン・マッコード)はリアム(マット・ランター)とよりを戻したが、
デートをしてもなんだかギクシャクしたまま。

リアムと以前のような関係に戻るため、
彼と仲のいいアイヴィー(ジリアン・ジンサー)に協力を求め、3人でハイキングに山へ出かける。
しかし、慣れないナオミは全く上手くいかず、
おまけにアイヴィーがまだリアムを好きなことが発覚し、険悪なムード。

どうにかしたいナオミは、サーフィンの練習をしているリアムの応援に、
ビキニを着てビーチに駆けつける。

しかし、練習にはアイヴィーもいるわけで、
アイヴィーにからかわれたナオミは彼女に向かって
「あ~、あなたってキュートね。かわいいアザラシみたい。捕獲されるかもね」
と得意のしゃべりで対抗(ナオミおもしろすぎるよ笑)。

新ビバヒル2の14話ナオミとアイヴィーの取っ組み合い
売り言葉に買い言葉でとうとうビーチで取っ組み合いのケンカを始める2人。
驚いたリアムは慌てて止めに入るが、ナオミの感情は爆発!!

新ビバヒル2の14話本音をしゃべりまくるナオミ
「原因は私たちにあるのよ!私たちがぎこちないせい。私はものすごく努力したんだから!
信じられないくらい努力した!!完璧にしようとお高くとまらずあなたに合わせようと…」

「でももういや!これ以上努力できない。これが私なの!どうやって船を作るかなんて事、
はっきり言って全然興味ないわ!ポテトを投げ合うのなんか嫌いだし、それに自然なんか嫌いよ!大嫌い!ハイキングなんて冗談じゃない。もう2度と行きたくないわ!死んでもイヤ!!
そんな私を好きじゃないなら、いいわ、こっちから願い下げ!」

そう言って走り去るナオミ。
しかし、その言葉をきっかけに2人の距離は縮まったようで、
リアムはナオミに会いに行き、熱いキスで仲直り。

ある日、学校から帰ろうと車に向かうアニー。車のボンネットに封筒がのっていた。
中にはアニーが事故ったときの車の写真が!!そこに現れるジャスパー。
「保険会社の人のふりをしたらすぐに見つかったよ。
まさか写真まで残っているとは思わなかったけどね。」(ひ~こわい!!!)

堪らなくなったアニーは
「もうその写真を警察に持って行けばいいわ!。そうしたら私は自首するから!」

アニーは自首を心に決め、自室でパソコンを使い親たちに向けて自白の文章を書き始める。
警察に行く前の置き手紙にでもする気だろうか。
ちょうどそのとき、ジャスパーが以前のように窓から部屋に入って来る。

「警察に言うのは止めることにした。君とは元の関係に戻りたい。君を愛してるから。
愛してるから1度手放しても、いつか戻ってくるって信じてる。頼むから戻ってきてくれ…」
と言い残して窓から出て行く。

ジャスパーが涙を浮かべて話す様子は、アニーへの真剣な思いが伝わってきて切ないが、
アニーの心が戻ってくるとはとうてい思えない。
アニーはひとまず安心しパソコンをしまうが、
文書が自動保存されていることには気がついていない。

ディクソンは実の母親にメールを出していたが、返事が来ない。
おまけにシルバーに「友達でいよう」と言われ、
テディと一緒にいた女性が実の姉であることを隠していたこともばれ事態は悪化。

シルバーはテディのお姉さんの事実がわかったが、遊び人だったという過去は消えず、
思い切ってテディの元へ飛び込めないでいた。
しかし、みなに後押しされ、テディが練習中のテニスコートへ。

新ビバヒル2の14話テディとシルバー
「付き合いたくない。でも付き合いたい。怖いの。あなたに裏切られるんじゃないかって。でもあなたが好き」
シルバーの言葉で心が通じ合った2人はキスを交わす。




さて、場所は変わってウィルソン家。
チャイムの音で、玄関のドアを開けるディクソン。
そこに立っていたのは、ディクソンの実の母親だった…。

                            ~第15話「過去にとらわれて」へ続く~


   やっぱり、ナオミは素直が1番だね(゜∀゜)!!

今回は、アニーがみんなと徐々に近づき始めた感じだったんだけど
それをよく思わないジャスパーは、めっちゃ木の影とかで見てるのよ!!!

その姿はかなり怖いんだけど、「君が戻ってくるって信じてる」
というセリフに真剣な愛が伝わってよかった。

   てか、そう思うならドラッグの売人は止めてください(-"-;)!!!

 ではでは、明日の第15話もお見逃しなく~(・∀・)☆


category
「新ビバリーヒルズ青春白書 シーズン2」第1話~第22話最終回(あらすじ)

Comment