ブログパーツ

「ライ・トゥ・ミー(Lie to Me)」第2話感想など☆

Lie to me
   ~第2話「小隊の秘密」あらすじ~

今回は軍からの依頼。
部下の女性隊員にレイプで訴えられた軍曹の事件だ。

微表情学のエキスパート、ライトマン(ティム・ロス)は訴えを起こした女性隊員が嘘をついているとすぐに見抜くが、
トーレス(モニカ・レイモンド)は天性の能力ばかりに頼ってダメだ、とライトマンに冷たくあしらわれる。



同時に、大学バスケットボールのスター選手と
大学の後援者タフトの収賄疑惑の真相解明の依頼も事務所に舞い込む。
こちらはジリアン(ケリー・ウィリアムズ)とイーライ(ブレンダン・ハインズ)が担当。

イーライはリサーチチームのリーダーで映像分析担当。
正直者で嘘がつけないが、ちょっとお調子者で場の雰囲気をやわらげてくれる。
さらにイケメン。

トーレスは天才、イーライは20年努力し続けていると言っていたので努力家か。
一見かけ離れているようだったが、意外に息の合いそうな2人だ。

                              ~第3話「優等生の悲劇」へ続く~


ライトマンがトーレスをいじめてる姿がおもしろい笑。

いじめられ、自分の能力を認められていないようで
ずっと不機嫌なトーレスだったが、2話の最後でライトマンの不可解な表情を見る。
そしてそれを隠そうと嘘をつくライトマン。
もちろん、トーレスに見破られ「嘘つき」と言われる。

ライトマンにも何か過去がありそう…続きが楽しみ(^^)!!

category
「Lie to me」シーズン1第1話~第13話最終回(あらすじ)

Comment