ブログパーツ

「ライ・トゥ・ミー(Lie to Me)」第3話感想など☆

Lie to me
   ~第3話「優等生の悲劇」あらすじ~

17歳の女子高生の遺体が公園で発見される。
彼女の母親が次期最高裁判事と目されている人物だったことから、FBIは事件の真相を突き止めるようライトマン(ティム・ロス)たちに依頼。

母親に事情聴取をするも、ボトックスで表情筋が麻痺しており読み取れない。

ライトマンは同級生の証言から、女子高生が勉強に集中するためにドラッグをやっていたと突き止める。

一方、フォスター(ケリー・ウィリアムズ)は
NASAの依頼で実験機の墜落事故の真相究明に乗り出す。

事故を起こした操縦士の父親は旧ソ連からの亡命者だった。
これが関係して故意的にやったと疑われるも、彼は否定。
真相がわかるまで謹慎処分を命ぜられる。

さて今回、嘘をついているのは一体誰なのか…

                               ~第4話「結婚の真実」へ続く~

毎回、事件が並行して2つありますね~。
そのうち、1回で解決できない大きな問題も出てきますよね(・・)?
それを楽しみにしています♪

そうそう、今回は「親子」がテーマ。
ライトマン博士にも年ごろの娘がいて、やっぱり嘘を見抜けちゃうから
苦労してましたね笑。(って嘘を見抜けなくても苦労するか汗)

今週はこのドラマお休みです☆
来週までお楽しみに~♪


category
「Lie to me」シーズン1第1話~第13話最終回(あらすじ)

Comment