ブログパーツ

「ホワイトカラー」シーズン1第6話感想など☆

ホワイトカラーシーズン1
うぉ~、今回話がちょっと進みました!!そういう展開ね(゜∀゜)!!!というわけで、今回もネタバレいつもよりありますのでよろしくです★ではあらすじどうぞ~♪

 ~第6話「男と女の身元」~
 
覆面捜査中のFBIのコスタ捜査官が行方不明に。
ドラッグ売人に扮した彼は、マネー・ロンダリングを
行う中国人のラオ・シェンを捜査していた。

ギャンブル好きなラオに近づくため、
ピーター(ティム・ディケイ)はニール(マット・ボマー)をカジノに潜り込ませる。

だが、そこにニューヨーク市警が踏み込み、ニールも逃げるハメに。
危ういところをラオの女であるメイリンに救われるが、実は彼女は国際警察インターポールで、
ラオを見逃せば、ケイト(アレクサンドラ・ダダリオ)の情報―
一緒にいる男について―を教えると持ちかけられる。

ケイトを探すために彼女に協力する二ールだが、ピーターにもばれ、
インターポールとFBIはラオの取り合い。
逮捕する場所の管轄によって、多額の資金援助をもらえるためお互い必死だ。

ニールは結局、ピーターを裏切らず、
しかもメイリンの要求も満たすという荒業で事件を解決。

メイリンはケイトと一緒にいる男が誰かをニールに教える。
「名前はわからないがFBIだ」と。
ニールは一気に疑いの目を、
相棒のピーターやローレン、ジョーンズたちに向けるのだった…。

                         ~第7話「はめられた捜査官」へ続く~


FBIだってさ!!
誰かケイトの居場所を知ってるくせに黙ってるのかよ!?とニールは思っているはず…
今後の展開が楽しみです(^∀^)!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
もしよかったら、ぽちりっ♪とお願いいたします(^^)☆
category
「ホワイトカラー」シーズン1第1話~第14話最終回(あらすじ)

Comment