ブログパーツ

BD「猿の惑星:創世記」の感想など☆

勝手に評価→☆☆☆★(3.5/5) …猿

ジェームス・フランコ主演です。
猿に支配される前のお話ですね(*^^*)。



   ~あらすじ~

父のアルツハイマー型認知症を治そうと
薬物研究者のウィル・ロッドマン(ジェームス・フランコ)はそのための新薬を開発。

実験台としてある雌猿に新薬を投与したが実験は失敗し、雌猿は凶暴化した末に死亡。
その後、ウィルはその雌猿が死ぬ前に産んだ仔猿を引き取りシーザーと名付けて育てる事に。
シーザーは成長するにつれ驚異的な知性を発揮していく。

しかし、ある事件をきっかけに人間に失望し、憎悪までも抱くように。
シーザーとウィルの関係はどうなっていくのだろうか…。
意外におもしろかったです。
何か先が読めるんだけど、それでも見たくなるような…。
猿はCGですがとっても生々しく作られています。




にほんブログ村 映画ブログへ
もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします^^☆
category
洋画(項目にないものを入れています☆)

Comment

すいみーさん、こんにちは~♪

猿の惑星は、全話見てますが、やっぱり1作目の自由の女神像の衝撃を超えられませんね
アナログなあの時代、本当によく出来てる映画だと思います
あの独特な雰囲気、ついハマってしまうのよね~

今はCG全盛で、あの頃より格段にリアルだと思うんですが
昔の作品の方が、何だか怖く感じるのはなぜなんでしょうね??

この映画の感想になってなくて、スミマセン
  • 2012⁄07⁄30(月)
  • 15:43
  • [edit]

ぴとらサンへ☆

ぴとらサン、こんばんは^^!!

> 今はCG全盛で、あの頃より格段にリアルだと思うんですが
> 昔の作品の方が、何だか怖く感じるのはなぜなんでしょうね??

わかります、わかります!
私は全話は見ていないのですが、あのハリボテ…何かかぶったような感じですがなんですけどね。
そんな彼らに支配されている…やっぱり不気味で怖かったです。

> この映画の感想になってなくて、スミマセン

いえいえ!むしろありがとうございます★
というか、映画の感想にぴとらサンのコメントがついてびっくりしました(^皿^)!!
  • 2012⁄07⁄30(月)
  • 22:33
  • [edit]