ブログパーツ

「新ビバリーヒルズ青春白書 シーズン3」第20話(NHK教育2012/3/24放送分)あらすじなど☆

~第20話 「サヨナラの前に」 Women On The Verge~

テディ(トレヴァー・ドノヴァン)はマルコと付き合い始めていたが、
なかなかデートの約束もしてもらえず、家にも上げてもらえず不安になる。
アニー(シェネイ・グライムス)たちの後押しもあり、
野球の試合だと断られた日に応援に駆けつけたが、その球場で試合は行われていなかった…

不信に思ったテディが家を訪ねると、彼はこの家のお手伝いの息子。
実は彼の家は貧しく、スポーツ奨学金で入学したものの、
それでも足りず学費のためにアルバイトしていたのだった。

彼はテディと自分があまりに不釣り合いでそのことを言い出せなかったのだが、
そのことを知ったテディはもちろん変わらず彼を愛している。
新ビバヒル3の20話マルコ「こんなに君を好きになるとは思っていなかった」
と言うマルコの言葉で胸がいっぱいになるテディだ。
ナオミ(アナリン・マッコード)は補欠になっていた志望大学、
CUの入学合否通知が来るのをドキドキしながら待っていた。
何と合格することができたが、マックスの志望大学と場所が離れているので遠恋になると知り、
ナオミはショックを隠しきれない。

マックスに、統計的に遠恋はダメになりやすいけど、今を楽しもうと言われてしまう…。
マックスと離れたくないナオミは、志望大学を変えようとするが、
マックスをデートに誘っても自分より友達を優先する姿に傷つき怒って去り、
そのとき願書を彼の足元に落としてしまう。
新ビバヒル3の20話マックスが自分をないがしろにしていると怒るナオミその願書を見てナオミの心を知ったマックスは…。

ハイテンション状態が続くシルバー(ジェシカ・ストループ)は、
ニューヨーク大学の面接は大成功だったと自身満々。
シルバーの様子がおかしいのを心配しいていたナヴィド(マイケル・スティーガー)は、
彼女が面接担当者に自分から何度も電話したと聞いて驚く。
そして案の定不合格になったシルバーは相当に落ち込み、家に引きこもりごはんも食べない。

お見舞いに行ったナヴィドは心配でしょうがなく、
「薬(双曲性障害。躁鬱の薬)をちゃんと飲んでる?」と尋ねると
「疑ってるの!?また病気になったって?信じられない!!!」と憤慨するシルバー。
明らかに正気でない。

シルバーにひどい言葉を浴びせられ、やはりおかしいことに気がついたナヴィド。
ディクソン(トリスタン・ワイルズ)に相談して、何とか彼女を精神病院に入れることに成功。
新ビバヒル3の20話シルバーに付き添うナヴィドやはり病気が再発していたのだった。
悩むナヴィドはお酒を飲みながらなぜかエイドリアナ(ジェシカ・ロウンズ)に相談中。
ナヴィドを酔わせたエイドリアナは…

マーラの家で安楽死に関するパンフレットを発見してしまったアニー(シェネイ・グライムス)は、
マーラに直接、自殺をするつもりなのかと尋ねる。
するとアルツハイマーだと告白するマーラ。
どれだけ恐ろしいものか説明し、資料は集めただけで自殺する気はないという。

安心したアニーだが、引きこもっているマーラが心配で外に連れ出す。
それはマーラが昔主演していた映画の上映会。
アニーは、リアム(マット・ランター)やナオミ、
アイヴィー・ラージカップルと一緒に出かける。

こんな映画を見に来る人なんかいないと言うマーラの言葉をよそに、
会場には多くのファンが詰め寄せていた。
新ビバヒル3の20話マーラを見つめるアニーjpg胸が熱くなるマーラは、自分の映画を見ながらセリフも思い出して声に出す。

マーラを連れ出したことが成功だったと思うアニーだが、
翌日彼女の家を訪ねるとアニーに向けた手紙が置いてあり、
変わり果てた姿でベッドの上にマーラが…
新ビバヒル3の20話マーラの変わり果てた様子にショックのアニー[ゲスト出演]
マーラ役/サリー・ケラーマン(映画「M★A★S★H マッシュ」「フォクシー・レディ」)
.

                                        ~第21話(最終回)へ続く~

すみません!汗
あまり害はなさそうなのでカットしてしまいましたが、久々にジェンが登場しています^^♪
ファンの方は必見ですね★

さて、今夜はいよいよ最終回!!
みんなのエイドリアナちゃんが最終回でも何かやってくれそうですよね~(^皿^)笑。

視聴&録画をお忘れなく~(・∀・)!!



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
なつかしのシーズン1からナオミとリアム…
よかったら、ポチリっ♪とお願いいたします(^^)。
category
「新ビバリーヒルズ青春白書 シーズン3」第1話~第21話最終回(あらすじ)

Comment