ブログパーツ

「泡沫(うたかた)の夏」(2012/6/12放送分)第13話あらすじなど☆

今回は、オウ・チェン(ピーター・ホー)の生い立ちの秘密などが少し明らかに…。
でもまたどろどろしてきました(>_<)。
疑惑が疑惑を呼ぶみたいな…最後までこの調子かもしれませんが、
みなさまはオウ・チェンとルオ・シー(ホァン・シャオミン)どっち派でしょうか。
私は…迷いますが、今のところルオ・シーですかね(*^^*)。

ではでは、あらすじどうぞ~(・∀・)♪

   ~第13話「駆け引き」~

オウ・チェン(ピーター・ホー)に
「自分の元に戻って来たら、ルオ・シー(ホァン・シャオミン)を復帰させてやってもいい」
と言われたシャーモー(バービィー・スー)だが、
「ムリよ。もう終わったこと」とはっきり断る。
泡沫の夏13話たおれたオウ・チェン
オウ・チェンはそのまま胃痛で倒れ病院に運ばれ、
付き添うシャーモーだが駆け付けたシーモンに追い返される。
そのころシャーモーに何度も電話していたルオ・シーだがつながらず不安に…。
シーモンはベッドのオウ・チェンを見守りながら、彼の母親に関する悲しい過去を思い出していた…

オウ・チェンの母親はとても美しかったが(本当にきれいでかわいい)、
父親に反対された男性との子を身ごもり出産。
息子を自分の手で育てたいが父親に奪われてしまい、
屋敷中を探してまだ赤ん坊のオウ・チェンを抱きしめる。
しかし、また取り上げられてしまいショックを受け、屋敷の池に飛び込み自殺…。

仕方なく、オウ・チェンの祖父は義父母を雇い、オウ・チェンを育てさせる。
オウ・チェンは未だにその義父母を実の親だと思っているのだった…。

回復したオウ・チェンは、
突然ルオ・シーの降板を白紙に戻し、ルオ・シーとともに記者会見に臨む。
握手を交わすがバチバチににらみ合う2人だ。
しかも、ルオ・シーの撮影現場にまで見学にやって来たオウ・チェン。

泡沫の夏13話ルオ・シーとオウ・チェン

驚きおかしいと思うルオ・シーの前で、
「何もなくお前を復帰させるとでも?ある人に頼まれたのさ」と自信たっぷりに話すオウ・チェン。

シャーモーがそんなことするわけないと信じているルオ・シーだが、
「彼女がある条件を飲んだ。だからお前を復帰させたんだ」
ともっともらしいことをオウ・チェンに言われ不安に陥る。

シャーモーに直接尋ねると
「条件なんか飲んでないし取引きもしてない!
条件ってって何?復縁?降板なんて平気じゃなかったの!?」
「嘘じゃないな?」
その言葉に怒るシャーモー。もちろん静かに謝りシャーモーを抱きしめるルオ・シーだ。

泡沫の夏13話シャーモーを抱きしめるルオ・シー

しかし、この逆転劇に納得できないルオ・シーは、社長と相談した上で結局映画を降板してしまう。
やがてオウ・チェンの会社とルオ・シーが所属する会社それぞれが大作映画の製作を発表。
オウ・チェンの映画のヒロインにシャーモーが選ばれる。
そのことをテレビで知ったシャーモーとマネージャーのチェンエンは驚きを隠せない。

このニュースを見て、シャーモーが自分をだましたのだと確信するルオ・シー。
シャーモーからの電話にも出ず携帯を投げつけ「俺をだましたな…」とつぶやく。
(ドラマを見ている限りは、シャーモーははっきりとオウ・チェンとの取引きを断っていたが…)
泡沫の夏13話シャーモーを疑うルオ・シー
                                             ~第14話へ続く~




ブログランキング・にほんブログ村へ
もしよかったら、ぽちりっ♪とお願いいたします^^☆
category
「泡沫(うたかた)の夏」第1話~24話最終回(あらすじ)

Comment