ブログパーツ

DVD「愛情物語」感想など☆原田知世☆☆

勝手に評価→☆☆☆☆★(4.5/5) これはよかったです。

原田知世の初々しさと自分探しの旅…ジーンとしました。

1984年の角川映画。
見ようと思って見たわけではなく、たまたま機会があって見たので、
変に期待していなかったのがよかったかな?
自分のルーツを探しに出かけるお話で、まあよくある感じですがおもしろかったです^^。


          

BDは9月発売だったかな?
早めに見たい方はぜひDVDで(・∀・)!!

   ~あらすじ~

毎年、美帆(原田知世)の誕生日には誰からかわからぬ花束のプレゼントが贈られてきていた。
その花束の贈り主を「あしながおじさん」と名付け、誕生日を楽しみにしていた美帆。
彼女は小さいころに今の母親治子(倍賞美津子)に拾われ、母と2人暮らし。

ミュージカルのオーディションのため日々ダンス練習に励む美帆だが、
その練習中にシューズが壊れてしまう。
美帆は家に置いてある赤いトウシューズを思い出し、急いで家に帰る。
実はこの赤いトウシューズは、母に拾われたときに一緒にあったもので、
この靴がぴったりになったら、
「あしながおじさん」を探しに行ってもいいと母と約束していたのだった。

実の両親にどうしても会いたい美帆は、
まずは父親かもしれない、あるいは両親を知っているかもしれない、
花束の送り主である篠崎拓次(渡瀬恒彦)に会いに旅に出るのだった…

洋画のリメイクだったのかな?
ミュージカルっぽくて、歌とダンスのシーンがたくさん。
原田知世がしっかり踊っています。

見たことないですが、たぶん本家の映画の方がおもしろいんだとは思います。
でも、美帆を見ていたらホント応援したくなるし、最後はジーンと胸にきました。

周りを固めるキャストも最高!
特に篠崎拓次役の渡瀬さん、ホントよかった。
おっさん嫌いな私でも笑、胸にくるものがありました~(*^^*)。
これは名作と言っていいのではないでしょうか。







もしよかったらぽちりっとお願いいたします^^☆
category
邦画(項目にないものを入れています☆)

Comment