ブログパーツ

「子育てプレイ」第2話の感想・気になった点など☆

今回は、第2話「心当たり」です。
それぞれが捨てられていた赤ちゃんの父親ではないと否定したものの、
否定しきれない何かがあります。
だからみんな警察に届けないのかな?笑っ

(否定しきれない理由として、小山田は元妻がいて、山本は連絡のつかない元彼女がいて、
氷室は酒でよく記憶をなくして知らない女の子がベッドにいるそうです笑)

その思いを劇中に一人一人暗転ピンスポで長ゼリフにしてしゃべるんですが、
これマジでおもしろかった(・∀・)!!
暗転って言っても本当の暗転ではないので、他の3人もうっすら見えるんですね。

だいたい演技は続いているんですが、
ホストの氷室のときだけ他の3人でダンスとかしてあそんでた笑っ。
あ、素じゃなくて演技でですがね♪

さて、4人のうち轟木さんの長ゼリフをここで披露しちゃいます★
彼にはどんな「心当たり」があるのでしょうか。

轟木長ゼリフ。穏やかな表情から一変。真剣な眼差し。


「2日前、玄関に赤ん坊が置かれていた。あのときの子どもです、この子お願いします。との手紙とともに。あのときの…私には全く心当たりがない。…ただ1つ気になるのは5年前、私がまだ学生だったころ、密かに憧れる女性教授から、研究に使うために精子のサンプルが欲しいの~(ウルウル)と言われたことがある。こんなこと頼めるのは轟木くんしかいないから(チュチュチュチュパと投げキッス)、ってここまではやってないんだけど(福士さん一瞬素の笑顔でしたっ笑)、私は喜んでサンプルの精子を提供した。サンプル量には困らない若さだったし、その教授の顔を思い浮かべればいくらでもサンプルなどファッファッ笑…(突然真剣な表情になり)轟木これ以上言っちゃダメだ!!!話を戻そう。その教授が大学から除籍された。理由は不明。禁断のクローン技術に手を出したとか体外受精業者と関わりがあったらしいなどの噂が流れた。まさか私の精子がブローカーの手に渡り、誰かが私の精子を使ってその子があ!!??このこの子の父親は私ではない。ないはずだあ…(弱々しく)」

子育てプレイ2話・轟木さん

ってな感じです
長ゼリフはみんなよかったですよ(・∀・)





ブログランキング・にほんブログ村へ
もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします^^!!
category
「子育てプレイ」(感想)

Comment