ブログパーツ

「赤と黒(悪い男)」第6話のあらすじなど☆

第6話は「ガラスの仮面」です。
今回は日本のシーンが多いですね(・∀・)。
岐阜の下呂で撮影だったようですが、雪も降っていて寒そう。。

今回はモネ(チョン・ソミン)が久しぶりにがっつり登場し、
早くゴヌク(キム・ナムギル)と結婚したいと息巻きます。
ゴヌクへの執着がすごいですよね…
そこまで女の子を虜にできるのはゴヌクの魅力ですがやっぱ悪い男だわf(^_^;)。

それにしても最近いいシーンが多いのであらすじが長くなりますね。。
誰も読んでる人いないでしょうが、楽しいので好きな回は長く書きます笑。


 ~第6話「ガラスの仮面」~

龍先生(豊原功補)に、
雪道に置き去りにされたジェイン(ハン・ガイン)とテソン(キム・ジェウク)。
テソンはゴヌクに電話し
「何で俺たちを雪道に放り出したか、あいつ(龍先生)を探し出して聞いとけ!」
とかなりいら立っている。ゴヌクは「俺たち?(テソン以外に誰かいるのか??)」と疑問。
(ジェインと一緒だもんね~えへへ)

龍先生に無事合流したゴヌクだが、龍に
「彼女と男を一緒に置き去りにしてきたんだ。ごめんな」
と言われたことで、ジェインとテソンが一緒なことがわかる。
しかし、そのまま龍について行きガラスの仮面を手に入れる。
ガラスの仮面は龍の亡くなった大事な人をモデルに作られたものだった…。

通りかかった車をヒッチハイクするジェインを見て、
テソンは死んだ元恋人ソニョンとの出会いを思い出す。
ソニョンとの関係は、ヒッチハイクでテソンが彼女を車に乗せたことから始まった。
無事に車を捕まえ、街まで送ってもらった2人。
仲良く足湯。ゴヌクにも「もう迎えはいらない」なんて言っちゃうテソン。

龍先生の工房を訪ねるジェインだが、ちょうど仮面のある場所に取りに行っており不在。
(このときゴヌクと一緒になり、先生は仮面もゴヌクに渡しちゃいます)

テソンが外を歩いていたので、龍先生に会うのでは!?と思ったジェインは行動を共にする。
テソンは日本で行きたい場所があり、それはヘシングループに連れて来られる前に
一緒に住んでいた母親のもと。
必ず迎えに来ると言っていたのに結局迎えには来なかった。

テソンに連れられうどん屋に入るジェイン。
テソンはうどんを食べるも母親をまじまじと見た瞬間、店を飛び出しうどんを吐き出す。
心配で追いかけて来たジェインを抱きしめるテソン。
ちょうど外に出てきた母親の顔を見たくなかったのだ。
母親が去るとジェインに「ありがとう」と一言。
ジェインは再度龍先生に会いに行くが、ガラスの仮面はもう人に渡したと言われる。
ジェインもよく知っている人に…。

そんな中、ゴヌクが雇った日本人マサル(三浦孝太)は
最近仕事をくれないゴヌクに苛立ち、何度も電話し仕事をくれるよう頼む。
しかし、ゴヌクにとってマサルはもう用なしで電話にも出ないようにしていた。

車にテソンを乗せ、運転するゴヌク。ガラスの仮面を手に入れたことも伝える。
モネから電話…いつもなら無視するゴヌクだが、間違って出てしまう。
モネは久しぶりにゴヌクと会話でき大喜び。
親に勝手にアメリカ留学を言い渡され激怒していたが、彼の声を聞いて本当に幸せ。
彼女は韓国に戻って来たゴヌクとの結婚を夢見ていた。

そして警察に変わるモネ。実は警察に頼まれて、テソンに連絡を取ろうとしていたのだ。
「ホン・テソンさんですか?」と聞かれゴヌクはテソンに電話を渡す。

警察によるとテソンの元彼女ソニョンの再捜査が決定したというのだ。
ソニョンが亡くなる直前、ある男と言い争いをしていた現場を目撃した人がいた。
その男はソニョンと同じ施設で育ち、
テソンがホン家に連れられて来る前に手違いで1年だけいたと考えられる男…
テソンは「自分のせいじゃなかったのか」と少しほっとするが、何か決心しているように見える。

またゴヌクの携帯に電話がかかり、思わず電話に出たテソン。
警察だと思ったがそれはマサルからの電話。マサルは2人が乗る車を尾行していた。
ゴヌクは車を降りゆったりと歩く。
マサルの言葉から、自分を海で殺そうとしたのはゴヌクだと疑い、
車から降りたゴヌクの元へ行くテソン。
「海で俺を溺れさせたのはお前だな?俺を殺したいんだろ。今やってみろよ。殺してみろ!!」
ゴヌクはテソンを見つめゆっくりと向かって行く。

赤と黒6話ゴヌクを疑うテソン赤と黒6話疑われるゴヌク

動揺するテソン。そのときゴヌクはテソンの後ろにいたマサルを殴る。
ゴヌクとテソンを尾行していたマサルがそこまで来ていたのだ。

赤と黒6話マサルを殴るゴヌク

テソンを交えて殴り合いになり、傷を負った2人だったが、
ゴヌクは上手くその場を切り抜け逆にテソンの信頼を得るのだった。
ホテルに戻ると待っていたジェイン。テソンのケガにいち早く気がつき部屋まで送る。
ゴヌクもかなり深手を負っていたが全く気がつかない。

赤と黒6話ジェインとテソン

さびしそうに2人の後ろ姿を見つめるゴヌクだった…
モネからの電話で、ゴヌクはテソンに会うために日本に来たこと。
そのテソンはヘシングループ会長の御曹司であることを知ったジェイン。
ジェインはそのことを黙っていたゴヌクの部屋に行き激怒する。

赤と黒6話ジェインを見上げるテソン赤と黒6話怒るジェイン赤と黒6話傷と心の痛みに耐えるゴヌク

ゴヌクはちょうど怪我の治療中だったが急いで隠す。
そして何事かと思えばテソンの話…さびしそうなゴヌクだ。

ジェインは、自分が前にテソンだと勘違いして
ゴヌクに近づいたことを黙っていてほしい、と懇願する。
(まだテソンとの玉の輿を狙っているのか、ジェインはこういうところが鼻につきます…)
ゴヌクも「あいつに惚れたのか?」と尋ねるが、無言のジェインだ。

結局、ジェインはガラスの仮面を買えないまま韓国に帰国。
しかし、テソンが母親への復讐のため、必ずそれを持って日本へ帰って来ると予想していた。
念のためにゴヌクにも念を押して帰国したジェインだった…










もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします^^☆
category
「赤と黒(悪い男)」第1話~第17話最終回(あらすじ・感想など)

Comment