ブログパーツ

「赤と黒(悪い男)」第13話あらすじなど☆

今回もジェウクに萌えました笑。
再視聴だとナムギルさんよりジェウクがかわいくてしょうがない(*´ω`*)。
ナムギルさんの演技に飽きてきたのかッ!?笑

 ~第13話「告白」~

ゴヌク(キム・ナムギル)とテラ(オ・ヨンス)のキスを目撃してしまった
ジェイン(ハン・ガイン)とホン・モネ(チョン・ソミン)は激しいショックを受ける。

飛び出したジェインを追いかけるゴヌク。
(このとき、ジェイナー!と叫びながらジェインを探す姿に愛情を感じます…)

しかしモネも追いかけてきて、姉であるテラに近づいたゴヌクをなじり、
さらに自分を裏切ったテラを絶対に許さないと激しく非難するのだった。

ウォニンは姉ジェインに誕生日プレゼントを買おうとするが、
万引き犯と間違えられ、偶然通りかかったゴヌクが警察まで同行してくれる。
ウォニンの電話で駆けつけたジェイン。
そこで初めてゴヌクはジェインとウォニンが姉妹だと知る。

ジェインはテラのことでゴヌクに腹が立ってしょうがない。
ウォニンを助けてくれたのに、ゴヌクを捕まえてくれ!と警察で暴れ出し、
捕まえてくれないなら私を捕まえてくれ!!とまで言い出すありさま…
暴れるジェインを強く優しく抱きしめるゴヌクだった。

赤と黒13話ゴヌクとジェイン


3人でジェイン宅へ…
家ではウォニンとゴヌクが談笑。仲がよい2人。

赤と黒13話ゴヌクとウォニン

ウォニンはそこで携帯の嘘発見器機能をゴヌクに向けて遊び出すが、
ジェインが機嫌が悪くなったのでウォニンは部屋を出る。

ジェインはゴヌクに、ヘシングループの人間に近づく真の目的は何かと問いただすが、
ゴヌクは何も答えようとしない。
テラと本気で付き合う気かと尋ねても曖昧に微笑むだけ。

そこにテソン(キム・ジェウク)からジェインに電話が…
電話に出るように促すゴヌクだが、感情が高ぶったジェインは、
「あんたが好きなの。私を止めて!止めてくれないなら、私があんたを止める!」
と思わずゴヌクのことが好きだと告白する。
本当はゴヌクもその言葉がうれしく涙を浮かべるが、
「俺はお前が思ってるほどいい人間じゃない」と答え、
傷心しているテソンを慰めてやれと言って突き放すのだった。

赤と黒13話ゴヌク

しかし、実はウォニンがすべて盗み聞きしており嘘発見器にかけていた。
「どうして両想いなのにあんなこと言うんだろう。
お姉ちゃんほら、嘘ついてるでしょ?誰が好きな女を他な男のところに行かせたい人がいる?」
ジェインは少し後にこの話を聞き胸を痛めるのだった。

兄の死をきっかけに、真面目に生きていこうと決意したテソンは、
これからずっとそばで支えてほしいとジェインに告白。
「この腕時計をつけてくれたら、一緒に時を刻んでるんだと思って元気が出る」
と時計をプレゼントするテソン。
咳払いをしたあとに恥ずかしそうに微笑み、自分の腕につけたおそろいの腕時計見せるテソン。
(恥ずかしそうにしてるテソン萌えーーーーーー(///ω///)♪)

赤と黒13話テソン
赤と黒13話ジェインとテソン

そんな中、シン夫人のもとにかつて偽者として追い出され、
死んだとされていた養子「ホン・テソン」が生きているという調査報告が届く。

同じころ、アメリカで事故死したホン・テギュンを裏切って、
彼の裏金を海外へ持ち逃げした男に接触してきた謎の人物の似顔絵を
入手したホン会長の秘書のキム室長は、
ついにゴヌクが20年前に自分たちが追い出した少年、
「ホン・テソン」であることに気がつきゴヌクに電話をかける。

ちょうどそのころ、シン夫人もゴヌクがあの偽のテソンではないかと疑い出していたのだった…

                                           ~第14話へ続く~






もしよかったら、ぽちりッとお願いいたします^^☆

category
「赤と黒(悪い男)」第1話~第17話最終回(あらすじ・感想など)

Comment