ブログパーツ

「glee」シーズン2第14話あらすじなど☆(NHK教育 2012/12/15放送分)

今回も内容はほとんど進みません^^。
歌的には、初めてブレイン(ダレン・クリス)とレイチェル(リー・ミッシェル)が
デュエットを歌います。
今後もこの2人が歌うことがよく出てくるのですが、
本当にこの2人って歌が上手くて声の波長もあうなあって感心します♪

 ~第14話「アルコール狂想曲」Blame It on the Alcohol~

若者向けのアルコール飲料が発売され、飲酒する生徒が増えていた。
困った校長は、「10代の飲酒の危険」を訴えてほしいとグリー部に依頼する。

そんな中、州大会用のオリジナル曲作りに励んでいたレイチェルは、
パック(マーク・サリング)にそそのかされ、
親が留守なのをいいことにホームパーティーを開くことにした。

しかし、レイチェルの開くパーティーがおもしろいわけもなく、
みんな早々に帰ろうとするが、パックの言葉でお酒を出すことを決めたレイチェル!!

そのとたん、パーティーに来ていたグリーのメンバーや、
カート(クリス・コルファー)やブレインも酔っ払って大盛り上がり!!
(正確にはカートは飲んでいません。ブレインに酔っ払った姿を見せたくないんだって笑)

飲みすぎたみなははめを外してゲームを始める。
ゲーム内でキスをしたブレインとレイチェルは意気投合してデュエット全開♪
(この2人の歌声は本当に合ってると思う。カートはちょっとヤキモチ笑)

glee2・14話ブレインとレイチェル
(あれ、いつも通りやったのに画像がいつも以上に汚いですね、すみません。。)

しかし、翌々日学校が始まっても酔いがさめないメンバーたち。
二日酔いならず三日酔い。。。
そのまま「10代の飲酒の危険」を訴える歌のステージに立つが、
激しい歌とダンスでブリトニー(へザー・モリス)やサンタナ(ナヤ・リヴェラ)らは
ステージ上で思いっきり吐いてしまう!!

さらにウィル(マシュー・モリス)も前日酔っ払っており、
エマと間違えてスー先生に恥ずかしい電話をかけていたのを学校中に暴露されてしまう。

グリー部存続の危機…みんな停学か!?
と怯えていると、なぜか校長先生に褒められてしまうグリー部メンバー。
何とあのステージの演出(本気だったけど)のおかげで、
生徒たちが酒をぜんぜん飲まなくなったというのだった。

                                   ~第15話へ続く~



もしよかったら、ぽちりっとお願いいたします^^☆


category
「glee」シーズン2第1話~第22話最終回(あらすじ)

Comment